スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

粉と馬

喫茶店バイトの初時責でした@28日

時間帯責任者というんですが、アルバイトの役職で店長の代わりに店の回転を任されるという…長く関わったはずのお店なのに超てんぱってました。


* * * * *


実は花粉症なのかもしれません。多分違うと思うんですけど。

冬場は乾燥のために鼻は弱いし、バイクどころか自転車に一瞬乗っただけで目が潤むという。

で、暖かくなったらなったでまだ鼻と涙が弱いのです。

それを親に、結構前に言ったことがあるんですけど、「は? 病院行けば?」と、実に暖かい(誇張)心のこもった(誇張)返答を頂きましたがどうにも時間がない毎日で。

体質の事情で抗生物質の含まれる薬剤を一切胃に入れることが出来ない(飲むとしても副作用がとんでもないのです)ので、病院に行って薬貰うだけで帰ってくるというのもしんどいし。というか、そもそも診察で治るものではないだろうし。

とりあえず実験として庭に咲いてた花を思いっきりかいでみたんですが変化なし。この姿を見られたら確実に「見ちゃいけません」っていう感じなんですけど。なんか、庭にダンボール敷いて、這いつくばってて。てか、もとから鼻水出てたから意味ないって、ついさっき気付きました。痛い子。


で、今度、友達とお花見に行くんですけど、もし花粉症だったら相当の自爆行為かと思った。そういうのが好きな子だと思われる。自分。


* * * * *


あと、日中に先日の土間土間横浜店から電話が掛かってきて、何かと思ったら、大仏のマスクを置いてった奴がいるらしいの。うわあ! 大仏の!

確実にうちらなんだけど、もう、電話越しの店長が、なんかすごい笑い堪えてて、取りに来てくださいとか言ってて。取りに行くしかないじゃないですか。選択肢的に。うちの研究室の名前で予約取ってるし。置いといたら大学に電話掛かってくる。始まって以来の大珍事じゃないですかこれは。

正直どんな顔して受け取ればいいかわかりません。馬か。馬で迎えに行けばいいのか。


今度Iちゃんと横浜に行くので、そのときに行こうと思います。いや、デート時に、馬って。お前。

馬はやめます。


* * * * *


一緒に登録制のバイト始めることにしました。

「何やる?」って聞いたら、「うーん、コンビニ?」って言ってました。当たり障りねぇー。
スポンサーサイト

2006年03月29日 | 日記 | トラックバック:0 | コメント:5

26日(19:10→23:00頃)

19:10

他のメンバーと連絡を取りつつ横浜へ。

MとDの面々は諸用あって遅れて来られる3名以外はほぼ同タイミングで集合場所の西口交番前に到着。Kは中身の怪しい巨大な紙袋を抱えておりました。なんか毛とか見える。

先生方がおられないので携帯にメール。返事なし。

5分ほどして4年生たちが到着。関西の地元の方に就職する1人、研修の予定が早まり既に帰ってしまっているそうで不参加との知らせ。あとで電話で参加するって(笑)

先生から電話。

「ごめん、教授とヨドバシにいた」

1時間ほど早く着いてしまい、クラシカルオーディオコーナーで盛り上がって物色中だったそうです。困った大人…(笑)


19:30

予約時間ギリギリでお店に。総勢約20名、付いて早々に先生の挨拶と共に飲みまくり。飲むし食べるよ。ひどい。

そういえば、地元の友達に大学院でもそんな飲んでんの?って聞かれたことがあります。うちの研究室だけかもしれませんが、

その通りですヽ( `・ω・´)ノ ←誇るな


20:30頃

前述の関西出身の卒業生から電話。4年生のテンションがあがる…(笑)

遅れてきた面々も到着。総勢25名。入りきらない。


22:00前

いつの間にか子ネタ大会。さて、結局手品やってません。ハングルなど全く喋れない俺とコーチ先輩とで偽ハングルショートコント。急遽決まりました。お互い何言ってるか解らないから2人で同時につっこんだりしてて。今思うと相当恥ずかしい。

教授は、なんか、火の付いたタバコを人差し指と親指で縦に挟んで持つ?そんな感じのをやってて。火の付いてるほうを微妙に水か何かに付けとくっていうやつ。

すっごい盛り上がらなかったんですけど、「女子は会社の飲み会でこれやったら絶対ウケるから!」とか言ってて。そのコメントが妙に面白かったんだけど。先生、それは完全に合コン芸です。

一番(腹筋が)きつかったのがKとおーちゃん。おもむろに紙袋から馬と大仏のマスクを取り出すわけ。あの、ちょっと前になんかで流行ったやつ。で、それ被ってショートコント。

なんか鉄拳と「いつもここから」(?)が混じってたんだけど、普通に面白かったんだけど、馬と大仏。大仏(確かK)タバコくわえてた。火付いてない。お絵かき大喜切のネタでおーちゃんが「馬」を描いたんだけどどう見ても猫。足5本ぐらいあって。超カオス。

そしてIちゃん、Sさんはじめ女子からは手作りのポストカード。みんな「綺麗!」とかいってて。ほんと、すごい綺麗なの。

改めて思ったんだけど、男子、ハングルとか、大仏とか、なんなの、っていう。うけてたけど、なんか。思うわ。


23:00頃

先生に締めてもらい宴会が終了。そういえば各自の馬写真(なんか一人一人被ってた)があったんですが、誰のデジカメか忘れたので手元にありません。Iちゃんの写真とかまじやばい。やばかった気がする。もったいない。


卒業するひと、1人ずつ握手して挨拶。いやー、一部泣いてました。卒業式の日も泣いてた子がいた気がするけど。こっちもなんかさすがに来るものがありました。

都内の会社に就職する例のMくん、「また来ますね」とか言ってて。それは、すごいうけた。

「またねー」と言って横浜駅で解散。いつでも会いたいから、会えるから、「バイバイ」とは絶対言わないのです。ただ、元気でありますように。


* * * * *


電車の中、Iちゃんからメール。

「がんばろうね☆」

って。

ほんとだよね。


長い一日でした。次は来月に新歓です!(また飲むの)

2006年03月28日 | 日記 | トラックバック:0 | コメント:0

26日(07:40→18:30頃)

07:40

帰宅。試合前に友達が迎えに来るのは8時半だなぁと確認し、PCを立ち上げてメールなどの返信。


10:10

で気が付いたらこの時間なわけ。なんだこれは、とか思いながら、どう考えても寝坊です、とか自分でつっこんでて。

8時20分まで起きてた記憶あったわけ。携帯見たら着信15件。全力で試合会場までバイク飛ばしました。


10:30

普通、準備含めて1時間ぐらいかかるんですけど、20分で藤沢着いたのは最高記録です。とか言ってる場合じゃなくて!

すごい罵られました(笑)


12:30頃

まぁ、2試合ほど参加して、うちのチーム、珍しく連勝してたらしいんです。でも俺が出た試合だけ負けまして。遅刻の上にかなり自己嫌悪。

実は最近、自信のあったディフェンスもままならないばかりか、それ以上に元々攻め手に欠ける自分は一体何すりゃいいんだろ?とか思った。

チーム的にも思うことがあります。前に茅ヶ崎でやってた頃はもっとめちゃくちゃで楽しかったなぁ、なんてこと。やっぱり勝つことを前提に考えていくと、変わっていっちゃうものなんかな、って。

みんなと話してるときは、とても楽しいのですけどね。でも試合中は楽しくないときがある。試合直後に「さっきはこうすればよかった」って言い合ってるんですけど、正直それは建設的じゃないって思う。「じゃあ次はこうしよう」って言ったことも、全然違う。やっぱりそうは思ってしまうよ。そんな最近。

いや、遅刻したやつが言えることじゃないっすね。やめやめ。


13:30

なんか見たことがあるやつがいるなーと思って、試合の間に練習してたその人の所に近づいていったら、向こうもどうやらそう思っていたらしく。

「もしかしたら? K上だよね?」
「お前○○(=俺)だよね! うわー!」

とかなんとか、2人でうわーうわー言ってて。

なんと中学2年のときの同級生。日記の通り以前から最近、よく昔の馴染みにどこかでばったり会ったことはあったんですが、この友達に至ってはそれも12年ぶり。すごいびっくり(笑)

最近どうなのー、とお互いの近況報告。地元近くの平塚で信用金庫の人になっていたそうです。大学進学時に結構地元を離れる人は多かったんですけど、彼はこっちに残っていたようで。

お前は?と聞かれて、「まだ学生、院生だよー」と言ったら、それっぽいわーと言ってました。どんなんよ。

月に1度か2度、ここのスタジアムに来ていたそうなのですが、全然会ったことなくて。じゃあまた近いうちに会うかもな、といってお別れ。

遅刻の関係で彼のところとの試合には出られなかったのですが、彼のチームは強かったそうです。

そういえば、彼はサッカー部じゃなかったんですけど、かなりサッカー出来るやつだったなぁ、なんて思い出してました。体育の授業のサッカーで、一度も止めた記憶がないもの。ものすごく動きが早くて、威力のある球を蹴れるやつだったと思う。

今は、どうなんだろうなぁ。止められるのかな。機会があれば次は当たりたい、と思いました。

あ、どう考えても遅刻のせいじゃん。悔しい!


14:30

試合終わって、近くのガストで食事。

どうせだから他の球技もやってみるか?という話に。挙がったのは草野球、バレー、バスケ、ドッヂボール、アイスホッケー(無理)などなど…。面白そうだからいいんだけど。

実は野球は一回もやったことないです。


16:00

友達の家で、話の流れでいきなり決まった麻雀をすることに。正月のときにもお世話になったKくんの家です。

いつもは夜遊びグループの友達3人とやってて、その3人が異様に強いのです。普段は最初に勝ってあとは負けっぱなしっていう感じなんですが、珍しく1位で終われました。びっくり。


18:30頃

帰宅。シャワーを浴びて着替えて、外出。横浜で追いコンがあるためです(忙しいなぁ)。

2006年03月27日 | 日記 | トラックバック:0 | コメント:0

25日

15:40

研究室を出て、駅前で病院帰りのSさんと合流。診察待ちの時間からどうしても麺類を食べるつもりでいたという要望(…か?笑)を受けて、3人で「DuckyDuck」というパスタのお店へ。洒落たCafe路線の生パスタとかケーキとか、とてもおいしかったです。実はヘルシーものがすごい好きで。野菜メインのパスタとか(笑)


で、Sさんからのお話。

実はねぇ、と切り出されたのでちょっと微妙に構えながら聞いていたのですが。

なんと今度Sさんの思い人であるお兄さんと4人で食事することに…!ヽ( `・ω・´)ノ


Sさんがそのお兄さん(Uさんといいます)と研究室の話をしていたときに「そういえば面白いカップルがいるのよ!」とかなんとか、僕らの話を出したらしいんですが、ものすごい興味を持たれたらしく「ぜひ会ってみたい!」と。

以前にUさんのことはSさんから軽く相談や話などを聞いていたし(Iちゃんはもっと話し合ってると思いますが)それにこの歳になってこの状況に躊躇するとか…ねぇ。ないし。

躊躇できるポイントっていったらUさんが超有名メーカのイケメン凄腕SEってとこぐらい。すごい人なんですよ。あとはSさんからどんな話を聞いているか(笑)

早速、というか既に、来月末にセッティングされてた模様。展開速いし。どきどき。


19:30

これから友人と数年ぶりに会う約束があるというSさんを見送って、Iちゃんと食材の買出しに。

人と一緒にスーパーマーケットを歩いて話しながら選んだりしていると、選び方とか歩き方とか、その人の個性というか、やり方というものがなんとなく解るような気がして面白いですね。

特にIちゃんは「楽だから麺類いっぱい買っちゃう(笑)」という人。自分も1人暮らししたら確実にそうなりそうだけど。肉は見ず魚ばかり、柔軟材とか洗剤の探す順番が最後で籠に入れる場所に困るとか、実はそっくり。言わなかったけど。

あと、レーズンバターを食べたことがないというので、無理矢理買わせました。笑


20:40

改札まで見送ってお別れ。帰りの電車の中でメールしてるうちに寝ていました。


23:30

地元に帰ってきて、バイト先に寄ったりゲーセンで一息ついていたりしたところに友達からの呼び出し。

急遽ビリヤードをしにいくことに。身体がかなり眠気を訴えていたんですが、長くはやらないということでとりあえず参加…。しかしこれが翌日に影響をもたらすことに(爆)


24:50

Iちゃんからメール。

「レーズンバターすごいおいしかったの! 全部食べちゃった☆(笑)」


ちょ、全部!?

2006年03月27日 | 日記 | トラックバック:0 | コメント:0

FEM

例えば、朝に目覚めるとします。

ここで、ベッドから足を下ろすとき、先に下ろすのは右足か、左足か?という選択肢が発生します。しかし、それ以前にも、目覚めのあとに身体を起こすか、一度そのまま身体を横に倒すか、動かすか否か、目を開けるか、腕を動かすか、そもそも目覚めるか否か、どんな単純なものも、意識的な決定を受けるものはすべて選択となり得るという表現が出来ます。

つまり、考えられるだけの全ての事象は選択肢や表現として、常に周囲に存在していると言えます。この概念は有限要素法の思考として抽象化されるものです。

生命活動を除けば、全ての小領域の事象において人間は意識下に決断を下すことができ、それを「生きる」または「生活する」とも表現することが可能です。

日々の全ての選択肢の中には、このように決断という意識を置かずとも、悩みすらしないものが殆どかもしれません。しかし人には感情というものがあり、悲しいものもあれば、嬉しいものも、気付かないところにも、そこには当然のように存在すると思うのです。

歓ぶべき迷いだって、あります。

人の思う力には、そうした要素に関する微分方程式を解くよりも、より早く、力強い計算式が流れています。一瞬でも気付くことが出来れば、それを素敵だと思える瞬間があります。

つまり、小さいことも見逃したくないと思うばかりです。




そんな小難しいことを書いていたらジーンズの膝が嫌な音を発して若干破れました。これで穴2つ目です。風通しがいいよ。今日は、あったかいなぁ。超キレそう。


* * * * *


そういえば学生課から研究室に「清掃運動にご協力お願いします」っていう案内が来たんです。

大学生にもなってキャンパス内で食べ散らかしたりゴミ捨てる学生なんていんのか?なんて思ったりしてたんですけど、よく読んでみたら、あの、各講座の卒業生の荷物整理だとか研究室引越しに由来したゴミがハンパない量だったそうです。特にうちの研究室のあるフロア。やべー。


あと、下のほうになんか名指しでその注意があったんですけど、おーちゃんの名前があって。

彼の罪状ですが、学部時代の卒論の失敗コピーをまるまる投棄したらしいです。堂々と名前入りの表題ページが1番上。すごいアピール。

「なんで失敗コピーがダメでロッカーはいいんですかね?」って聞かれて、内容がダメだったんじゃないの、って答えたら「うまいこと言いますね!」とか言ってて。全然うまくないんだけど、なんか嬉しそうなの。こいつはいつかやる男だなと思います。修論のコピー入れた鞄をフリーマーケットに出しそうな。


このあとはIちゃん、Sさんと軽く食事。さて、帰ろー。

2006年03月25日 | 日記 | トラックバック:0 | コメント:0

22日

桜木町のランドマークプラザというところで開催された合同説明会に出席してきました。20社強のブースに対し学生が入れ替わりの何十人、歩き回っているのが更に何十人超強、という配分(一所に居たわけではないので、簡単な観測ですが)。

さすがに人が多かったですね。3年の頃の某国際展示場の惨状を思い出しました。あれはもう…(^□^;)

とりあえず、専攻別にグループを分け、純粋機器などに関するグループということで、俺とIちゃんとおーちゃんの3人で数社のブースを覗いたりしていました。

先日書いたとおり、個別の診断があればちょっと申し訳ないことになるかも、と思っていたところもあったのですが、そういったものは希望者のみという感じでした。主に、会社の情報や業務内容などに対する意見交換や質疑応答。

外に出て3人で一服していたところ、以前の学会で発表を見たことのある、別の大学の顔見知りの院生とばったり遭遇。思わず会釈を交わして、挨拶がてら少し話していました。就職説明会だというのに、話の内容は研究の動向や次回の学会についての情報交換という…(爆)

当方面のある高名な教授が去年退官され、体制に大幅な変化があったとのこと。審査関連に影響が出るとか。貴重な話でした。


夜はそのまま、残りのM1メンバーと合流して桜木町で食事。「はてな亭」っていうアジアン料理のお店です。生春巻きがすごいおいしかった。珍しくコロナビール飲んでました。炭酸が苦手なせいで、自分の中では爽快感を得るためだけのものなのですが、たまには、こういう場でもね(時々飲んでるけど)。

あ、でも、お風呂上がりだけはどうもおいしく飲めるんですよね。なんでだろう…(笑)


ゼミ旅行や送別・新歓コンパの話。コンパはまぁいつも通りに予約を取るとして、旅行先が全然決まりません。教官にもご意見を頂きたいと思うのですが、ここ最近出張されているうえ、大ボスの教授も委員会などでお忙しいご様子とあって。どうにもまとまりません。おそらく、長野か箱根→静岡あたりという感じ。

いつもどおり、一通り騒いで解散しました(爆)


* * * * *


先日のMくんからの電話の件。ちょっと長いので続きに隠します。

続きを読む

2006年03月23日 | 日記 | トラックバック:0 | コメント:4

卒業式 : 朝

最近仮眠の取り方が下手です。首寝違えました。


* * * * *


日付けも変わったところで、本日は卒業式(学位授与式)です。

うちの研究室ではM2の先輩2名と、配属されていた学部生11名が出席され、そのうちの6名が卒業されます。残りの学部生7名は大学院進学の決まっていた7名で、4月から正式な研究室スタッフとしての後輩です。

先週あたりはその荷物整理の手伝いも含めて、1日ごとに軽く大掃除でした。ちょっと模様替えをしたんですが、そのときに動かしたロッカーの一部が壊れ、中に入っていた白衣は壁に掛かっています。新しいロッカーが届くのは5月らしいです。なんかひもじい…。


今日は午後まで式典と祝賀会があり、その後で軽く研究室でお祝いをして、週末にはお見送りの飲み会。

で、恒例行事として、送る側としてはなんか一発芸かお話をしなきゃならないのですが、今週末までにどっちも思い浮かびそうもないです。

一発芸っていったって中指を手の甲に付ける(傍目にはかなり不気味)とか虫の鳴き声を口笛でやる(超地味)とか、そんなんしか出来ないの。あとドラムソロ。飲み屋には多分ドラムないし。

このままだと東急ハンズの手品セットです。やばい。ちゃんと考えよう。


* * * * *


ここまで書いてシャワーを浴びてきたんですが、例の後輩M君から着信がありました。掛けなおしても出ない。

何だったんだろう。

2006年03月20日 | 日記 | トラックバック:0 | コメント:0

Surprise

風邪で倒れて入院した違う大学院の友人が実は風邪じゃなくて妊娠によるものであったことが判明して学部時代からの友達中でめでたい騒ぎ(前哨戦)になっていたり、地元の友達との旅行とゼミ旅行の行き先が同じになりそうだったりで慌てて調整したりしていました。どうして南伊豆でかぶるのか。

おめでた騒ぎの方は、自分としてはとんでもなくドラマティックな(表現が類似重複)展開がありました。入院したK子さんには当時「彼氏」がいなかったのです。でも時折一緒の時間を過ごす相手がいて。つまり、俺とIちゃんとの関係とほぼ似通っていたということ。

で、相手の男性が病室に来て、これを最初に言えなくてごめん、これからも一緒にいたい、ていうか、いつか結婚して欲しい、というようなことを伝えたそう。

それを聞いたK子さんは、順序おかしいじゃない、もう付き合ってるじゃない、ていうかあなたバカじゃない、バカ、と繰り返し泣きながらOKしたそうです。

という、この話を本人に直接打ち明けられ、途轍もなく感動してしまいました。普通にすごいと思った。

で、相手誰なの?って、聞いたら、「あ、言ってなかったよね」みたいな感じでまた全然想像もしてないような名前が出てきてすごいと思ったのです。ものすごくお世話になった人だったのです。鳥肌立ちました。


自分、実は4月から研究指導の関係である大学の研究室に聴講生のような扱いで時々お邪魔させてもらうことが決まっていて、最近も数度、他の学生との顔合わせのために行っていまして。相手の人、そこの新しい助手先生なのですが。

…その助手先生というのが、俺が研究室入りたての頃の卒論・卒制指導のアシストを一手に受けてくれていた当時のドクタの先輩なのです。

ジャズ好きが高じて個人的にも2人で何度も飲んだり、多摩川のほとりで女性の体と楽器の形について延々と話し合ったり、酔っ払って口論して警官に捕まりそうになって走って逃げたりとか(笑)、もう大変お世話になった人。というか兄貴分です。他の大学に採用されて助手になられてからはあまり連絡も取れなかったのですが…。

先輩の所属する研究室の聴講生になれるということがあってびっくり。学部の元同期と結婚で更にびっくり。驚きながらも、なんか繋がってるもんなんだなぁと思いました。てかほんとすごい。



* * * * *



先日泊まりに行ったとき、風呂上りに珍しく2人でビールを少しずつ飲みながら、そのことを話していて。


言い出せなかった先輩の気持ちが何故かトレース出来るような気がしていて、それを出来る自分が、ちょっと悲しく思えた。肝心なところだけがうまく言葉にならない。

でも、言葉にしなきゃいけないだなんて思っているわけでは、そう思うと、やっぱりそうではない。だから同じだなんてことはないし、ただ想像が出来るだけ。出来ただけ。


そんな自分の想像よりも、「あんたたち、すごい不器用なんだから」
ってSさんに言われたことの方がよっぽど的を得ている気がする。


ほんとそうだと思う。お互いに。

2006年03月19日 | 日記 | トラックバック:0 | コメント:2

一日遅れの

ホワイトデーってことで…。いつもの男3人+D1の先輩2人で駅周辺まで買い物行ってきました。15日ですね。

まぁ、最初はまとまって歩いてたんですが、若干協調性に欠ける人たちなので(自分も含め)結局ばらばらに買い物してて。おーちゃんなんて数分で違う階に行ってましたからね。

で、俺はみんなあてにケーキにしようかそれ以外にしようか悩んでいたところ、Kからメールが来て。

「お前、Iちゃんに何か買ったの? 違うとこで選ばなくていいのか」

と。俺がいた階は、ほとんど食品とかそういうのばっかりだったのです。実は、Iちゃんに別にあげようと思っていたものは既に数日前に買ってあって。

で、それを伝えたところ、「氏ね」という文章が返ってきました。持つべきものは友達だなぁ、と思い、「お前が氏ね」と返しました。男の友情です。

結局めいめいは雑貨を買い込んできていて、好きなものを選んでもらおうという話になっており、俺はケーキ選んでました。


研究室に戻って、男どもからプレゼントがありますよーということで、ケーキ食べながらお茶。

ケーキの形したタオル?とか、なんか読めない文字のアロマオイルとか、みたいなのがあって。「原油の臭いがしそう」「食用じゃないの?」とか言われてて。どこで買ったんだ。

おーちゃんが特別にSさんのためにと買ってきたのは3COINSというお店(\300均一)のポップなゴミ箱でした。

受け取ったときに「な ん で だ よw」って言ってましたが(笑)


そんな感じの和やかなお茶会。そういえばあのオイルは最後まで残ったので先生の机の上に置いてあります。


* * * * *


IちゃんとMICITYの前で待ち合わせて、2人とも夜からバイトだったので間に合う時間まで中をぶらぶら歩いてました。で、階内のスタバに入ってお茶(お茶しすぎ)。お渡ししました。

1日に2人で会ったときに色々店を回っていたんですが、その時のことで選んだもの。そういうのは持っていなかったようで、喜んでもらえたようです。


…そういえば、1人で化粧品売り場に入ったのが人生で初めてだったんですよ。

あと、なんか誤解されそうなのですが、割と化粧品というものが好きです。これ何に使うの、とか、これとこれを組み合わせて、とか、実に面白そうじゃないかと思うことがあって。

化粧しているところを楽しく見てたり、とか。危ないですね(笑)。それに形状とかも好きです。自分ではしないですけど。



あ、母に買うの忘れた(最低)

2006年03月16日 | 日記 | トラックバック:0 | コメント:2

根性

朝からお昼に掛けて指導教官のM先生とディスカッション(先生は休み関係なしに基本的に毎日来られています)。自分の研究テーマについて今後のことを主に話していたんですが…。

最初に言われてしまいました。


「手加減することだけは絶対にしないでほしい」


まさか自分がそういう人間だって思われていただなんて、とそういうショックを受けたのではないのですが。

研究活動というのは本来先がないものであって(ある程度の到達点というものはあると思いますが)、それは自分でも認識のあったことなのですが、つまり、その報告となる論文や学会発表などに、自ずから先が長いことを認識して成果の出し惜しみをしてしまっては何の発展にもならないのではないか?と。先生にそう言われたとき、そういう風に考えたわけです。

でも、何でだろう?と思って。

もしかしたら自分の夢と現状まるで違う位置の、この分野の研究室にいることが問題なんだろうか?とも思っていたんです。

実は最近、将来的に目標とする分野との融合が可能である研究領域ではないだろうか、というようなことばかり考えていたのです。しかし、それでも、やっぱり一つのことに集中していないのは、今いる現状ではある程度の成果を出さねばならないこともあり、それとは反するのかもしれない…

…なんて、先生からその後に言われた言葉はちょっと違ってました。

つまり、これまでの実験の成果だとかをレポートだの考察だのにして資料として教官や先輩がたに見てもらったりしていたんですが、単純に言えば、文章や内容がですね、上手くまとまりすぎているのだそうです…(-_-;)

あ、そういう事か、なんて思って少し安心したりもしたのですが、でも、先生の言った「手加減」という意味は、自分が考えていた意味とは違っているわけでもない、と思って。

自分が思ったこと、素直に言ってみたんです。

そしたら、


「それもあるよ。もっとガツガツ突っ込んでって欲しいってのもあるし(笑)」


とのこと。やっぱり先生の認識も違ってはいないようです。うん…。更に、


「君が考えてるっていうその将来的な展望は、いずれ改めて解る形にして見せてくれるんだよね?」


とも言われてしまい。きっと、というか、今後論文として提出するように、というニュアンスでした。これは…タイミングを間違えました(*_*)爆


「で、現状の内容としてね。君の考えているシステムと、既存の装置としてのものとの違いを挙げられる?」


…で、情けないことながら機器自体の詳細など答えられるほど調査しておらず。答えることが出来たのは土台となるシステムの構成案についてのみ。

今後の発表では確実に突っ込まれる点だよ、と言われ、ちょっと進度自体に見直しを図ることになりそうです。学会以前に先生に軽く突っ込まれまくっただけで汗かきました。これではだめだ。


いや、でも、それでかなり気合は入った気はします。研究活動においては。問題はその後のことなんだよなぁと思うと、どこかやっぱり沈んでしまう。やりたいし、やる!って決めていることなのに。

最近ちょっと余裕がないせいか沈みがちなので、ちょっとこのことをバネに色々なんとかしてこうと思います。mixiにも愚痴ってしまったし…(笑)

結局、どれもこれも何とかしてやろうって気持ちがないと、自分にはきっと難しいと思うので。

根性がないって自分で思うのだったら、身に付けられるようにするしかないっすものね。がんばります。


* * * * *


他のメンバーはというと、自分と同じような感じでもあり、割と就活メインな感じです。

午後はIちゃんとSさんとで、履歴書についての話をしていました。Sさんは元大手企業のエンジニアだったこともあり、さすがだなぁと思うような書き方のコツを教えてもらいました。面接に対応できる自信があるかどうかでも動機や研究概要の文をちょっとずつ変えるのがいいとか、自己紹介では話題性をさらい過ぎない程度に変なことを書くのがポイントだとか(笑)


ところで、自分の今後の志望や目標とは別に、大学院事務の方から、出来る範囲で構わないので、セミナや説明会に参加してみないか?と言われまして(そりゃそうですよね)。考えた末、この際なので行ってみようと思いました。自分の所属する学科関係とはまるで場違いな所も見る気満々なのですが(爆)

とりあえず、20日と22日は横浜の合同説明会に参加することになりました。Iちゃん、おーちゃん、Kに、というか、いつもの同級メンバーです。

誰かさんがそのあとご飯しようぜ、とか言っているので、それはそれで楽しみだったりします。いや、楽しんじゃダメか。まぁ、うん。

説明会自体は嫌いではないので(人が多くなければ、ですが…)、色々と話を聞かせてもらおうと思います。今後のために。

2006年03月15日 | 研究室 | トラックバック:0 | コメント:0

バトン2

思いっきり特殊なバトンです。よろしければどうぞ。


[ 研究者志望大学院生バトン ]

続きを読む

2006年03月14日 | バトンなど | トラックバック:0 | コメント:0

バトン1

結構長い上に内容もアレです。よろしければどうぞ。


[ 答えにくい恋愛40の質問バトン ]

続きを読む

2006年03月13日 | バトンなど | トラックバック:0 | コメント:0

12日

本日のフットサルの試合は対戦チームがうちともう1チームしか集まらず、マッチメイク形式ということで、中止になりました。

マッチメイクだと公式の審判が付かないので、正直やりたい放題になってしまうというか前回のような事態になるわけです。なので前回以後は断ろうという話になっていたのですが…。

それにしても不完全燃焼ですね!ってことで。友達4人でご飯を食べ、近所の公園まで練習しに行ってきました。この風の中(神奈川は強風でした)。

調子こいてランニングをメインにしていたら帰ってきて泥のように眠っていました。寝ながらIちゃんとメールをしていて18時ごろから記憶がありません。体力がないです。体力ってどうやって付くんですか。

そのメンバーの友達の1人(同い年)はすごい体力にはかなり定評のある男なので、ちょっと聞いてみようかと思います。何しろフットサルだけじゃなくて、平行してバスケもやってる。

個人的にはバスケの運動能力に勝てる球技なんて早々ないんじゃないかって思うのがあり、でも、まぁ、なんとか少しでも追いついてやりたいと思うわけ。なんせ、同い年だから(負けず嫌い)。

いつの間にか頭でっかちになってしまったなぁ、と思います。

将来的な希望として仕事の中に、現場を回ったりするってのがあるんです。余裕は見せたいから頑張ります。早速今日から毎日少しでも筋トレ始めたいと思います。

で、お風呂上りにグリップ(握力のやつ)握ってたら爪が割れました。これは、もうダメだ。


* * * * *


ちょっと説明が面倒になってしまうので省きますが、blogやHPを持っておられない、過去にとてもお世話になったある方から、バトン2本頂きました。

職業(?)系と、恋愛系のやつです。もし興味ありましたらご覧下さいまし。次と次のエントリィで。

2006年03月13日 | 日記 | トラックバック:0 | コメント:0

芸能人話

学友に好きな女性の芸能人が本上まなみだってバレてちょっとした騒ぎ(問題発言)になりました。

いや、隠してたわけじゃないんですけどなんか言いにくくて。あと深津絵里。言いにくい。

で、研究室中で好きな芸能人とか名前挙げまくってたんですけど、もし自分が異性だったらどうよ?っていう話になって。なんか伊武雅刀とか渋いの出てきて。

岡田准一に惚れる、とか言ったら、「ありえない」「先輩、それは、ない」とか言われました。どうやらジャニーズはない模様です。解ってくれるのIちゃんだけなんですが(木更津好き同盟)。

あと、かなりマジにニコラス・ケイジ、って言ったら、ドン引き。なんでだよ。



* * * * *


まぁ、家でHPなんて見つけちゃって見てるわけですけど。さりげなく写真なんて見たりして。綺麗過ぎないところがなんともいいわけです。メガネ美人。

姐御(Sさん)と同い年なのかって思うとちょっと複雑な心境ですね。これ書いたのバレたら確実に消されますけど。社会的に。研究室行ったら椅子がなかったりしてね。冗談ですよ。

本上まなみといえば自分の中では「tokyo.sora」っていう映画がとんでもなく良かったです。内容もそれこそを自分bestを争うぐらい気に入った感じ。雰囲気とかですね。もし気になったら(いないか)レンタルDVDかなんかで見てみてください。何の宣伝だ、これ。


* * * * *


全然話飛びますがジーンズのお尻に穴が空きました。階段上るとき女子高生みたいになってます。鞄で隠すのね。

あと、最近ちょっと本気で整体行こうか迷ってます。身長少し伸びるとか…!(それが狙いか)

整体がどんな感じだか知ってる方いらっしゃいましたら教えてください。痛かったら行かないので。

2006年03月12日 | 日記 | トラックバック:0 | コメント:0

鼓動

「胸のドキドキって、何でしょうね?」


これは、自分とか、Iちゃんとの話ではないんですけど。

ドキドキするのって、一体どうなんでしょうね。自分も幾度経験のあること。運動後の息の上がり、発表前の緊張、事故寸前の恐怖、そのどれもとは違うもの。

人を好きになるタイミングで起こるドキドキって、長いですよね。家に帰っても眠れなかったりとかありました。若い頃。いや、ちょっと前にもあったんですけど。

でもドキドキしない恋ってのもあって、そういうのは大抵、後から起きる場合もある。

自分の過去の経験から考えると、意識せずに相手と手が触れてしまったりとか、全く予想だにしなかった嬉しい言葉を聞くことが出来たり。デートではないような雰囲気の遊びの待ち合わせなのに、相手を待っているときに意識してしまったり。そしてその他イレギュラー。初めて相手の身体に触れたとき…。

共通してるのはそのどれもの程度が解らないってこと。自分だけかもしれないんですが、比べようがない。

誰しもそうなのかもしれないのですが、幾度となくあるということは、それに関わった恋が幾度あるということで、つまり、数度の経験を持っていることであると言えるはず(例外を除いて)。

でも、比べることが出来ない。覚えていないのではなく、それはきっと、その相手との関わりの他にも、自分との関わりは無数に外にあって、そういった他の感情に埋もれてしまうからであると思うのです。

何もそれが悲しい話だとか寂しい話だとか、そういったことを言いたいのではなくて。

振り返ってみれば、そういうものというのは、いずれ自分の心の中に埋もれていくからこそ、それを綺麗な気持ちだと思える、ような。そんなところがあります。今は。

これからのその鼓動が、いつかそうなるものだから、なんて思ったこともあります。恥ずかしい話ではありますけど。

でも、やっぱり止められるものなんかじゃないんですよね。いくらそう思ったから、なんとなく解ったから、なんて、それだけの理由では。


好きな人に出会って胸が高鳴ることはあるし、付き合っている人が居ても胸が高鳴ることはあるし。たとえそれがその相手とは別の人だとしても。

それでもやっぱり、素敵な恋をしたいと思う。胸のドキドキってのは、そういうところに現れてくるもんなんだっていう気がする。

気がするって思うのは、過去にそれがなくても素敵な恋をしたって言えるぐらいのめりこんだ恋があったから。ないなら素敵じゃない、なんて、それはまた、そうとは思えないのです。

必要十分な条件ではないということ。でも大切な気持ちであることに間違いはないので。

大事なのは、その感覚があるということなんだと思うんです。


ドキドキしたら、恋だと思えるし、もしかしたら勘違いかもしれないけど。でも、そんな綺麗なものは他にちょっと見当たらない。

素敵だと思う。それだけで。

2006年03月12日 | 恋愛 | トラックバック:0 | コメント:0

名もなき春休み

なんか気付いたらこんな時間ってのが最近多いです。1週間あっという間だったんですがよく考えてみたらここ5日まるまるバイト入ってました。来週も同じ感じで軽く憂鬱です。

とりあえず週末だったのでDVD見てました。本当はamazonのリンクを作って張ろうかと生意気なことをしようと思っていたんですが面倒だったので今回はやめます。

「FLY,DADDY,FLY」を見てたんですね。面白かったです。っていうかもう岡田准一に持ってかれてました。なんか知らないけど異常にかっこいいんですよ。岡田くん。自分の中では同世代の同性で唯一かっこいいと思える芸能人です。

堤真一はそんなに好きじゃない、というかどちらかというと嫌いなのですが、予告にあった「姑穫鳥の夏」は見てみようと思いました。原作3回ぐらい読んでるけど。


* * * * *


とりあえず大学院にも期挟みというのはあって、名目的には今は春休みという感じなのですが。進級する来期から本格的な論文の作成+仕上げにかかるため、今日もこれから研究室でデータの見直しです。本日は自主作業…(通常は土曜にもあります)。

4年生達は各自、卒業旅行とかパーティ企画とか。なんかいいなぁーと思います。

周りはというと、おーちゃんの就活が慌しかったり(1日に3社も)留学生のCさんが母国にとんぼ帰りのとんぼ帰り(一時帰国の後来日×2)だとか、そういうのを初めとして、なんだか休みとは程遠い最近であります。←この口調が既に通常と違っています。

あと、以前学部生だった頃の就活でメールを送った(と思われる)会社から名指しで「現在はどうされておりますか?」と連絡が来ていてびっくり。まさかデータに残されているとは…。

正直に現在の状況を伝えるかどうかで迷っているところです。でもさすがに無視するわけにはいかないので。丁寧に丁寧に(考え過ぎかも)。


ひとまず仮眠を取ることにします。4時間はばっちり眠れる。

明日はフットサル!(強引に気分転換)

2006年03月11日 | 日記 | トラックバック:0 | コメント:0

さて

以下は、


続きを読む

2006年03月07日 | 日記 | トラックバック:1 | コメント:8

しまうま

1日にIちゃんと遊んだときにタワレコ行ったんですけど、やばいです。見つけちゃいました。ZebraheadのNEWアルバム!(テンション高め)


broadcasttotheworld.jpg
BROADCAST TO THE WORLD



Iちゃん、「そういえばVo変わったんですよねー」とか言ってたんですけど、知りませんでした。すげえ好きなのに。ファン失格。てかアルバム出てたのも知らなくて、はっきりと出遅れているんですけども。ださいな(死語)


* * * * *


洋楽パンクは好きなものの、解散しちゃったりだとか方向性が180度変わっちゃったりだとかで、実はそんなに長くファンでいられたバンドがないんですけど、GreenDay、Zebrahead、Sum41だけは別腹(腹?)でして。

どんなに指向がちょっとずつ変わって行っても絶対聴いていられるんですね。根底にあるメロだとかノリが変わってないって思えるから。この手の曲って言ったら自分の中ではもう楽しめるかそうでないかってことだけ。というわけでZebraheadはやばいのです。楽しめます!(強引)

視聴できるサイトないかな、と思ってYoutube探してたら、ありました。こっそり載せておきます。新作から一番のお勧めかなっていう感じの"Anthem"って曲です。ここ(*:先に「PAUSE」を押してDL終わるまで待ったほうがいいかもです)。


* * * * *


ちなみに上の3バンドで共通しているのが、おバカ加減と無邪気にエロいとこなんですが、特にZebraheadの大抵のPVにはセクシーなお姉さんが出てきます。

テンション上がったついでにさらに余談ですが、Iちゃんと「PVえろいよねー」っていう話をしていたら、


「○○さんもああいうセクシーな方がいいんですか?(笑)」


って。あ、ちょっと待って、とか思って。すごい否定した。するわそりゃ。いや、笑ってたけど、違うの。まじで。

確かに俺もエロいけど、だってあれ外人だし、しかも巨乳はちょっとっていう…。巨乳だめなんす。っていうことを説明して。そもそもこれ大きさの話じゃなくて。ほんと。いや、一体俺は何を言っているのか。なんだこのエントリィは。

2006年03月03日 | 音楽 | トラックバック:0 | コメント:6

デザイン変更しました。この写真、素敵すぎ。


* * * * *


弟(=次男)にPCのことで質問を受けたついでに、貸してたデジカメのケーブルを返してもらってきました。これでやっと写真の編集とかが出来る…(*_*)

うちの一家、ちょっと変わってるかもしれないんですが、生活帯がまるで違うせいか、同じ家に住んでるのに1週間以上顔を合わさないなんてこともよくあって。両親とか、気付いたら仙台に行ってて来月まで帰ってこないときとかあったし。国内とかまだいいんですけど、中学校のときに1回外国とかあって。あれはびっくりした。新聞代どーすんの、って思いました。なんか急の用事あって国際電話掛けたのに外国人が…!とかね。すっごいどきどきして。結局なんもなかったんですけど。


用事があるときは話したときにすぐ言わないと2ヶ月ぐらい押しちゃうんですよ。普通に会わないんで。デジカメのケーブル返してって弟に言ったの去年の話だし。


ちなみに、ちょっと暴露しちゃいますと

父:音楽関係
母:音楽関係

自分:大学院生
弟1:アパレル関係
弟2:大学生
弟3:家事手伝い

っていう感じ。でもよく考えたら家に居ないのが多いって俺もかもしれない。遊んでたり泊まりで残ったり…いや、なんか、生活帯のせいじゃない気がしてきた。連絡ぐらいはできるだろ、っていう。書置きできるわ。できる。俺の人格に問題が。

更にちょっと変な話なんですが、俺、家族の年齢うろ覚えなんですよ。はっきり言えないんです。履歴書に家族の年齢書く欄あるじゃないですか。あれ、書く度に親父とか多分3歳ぐらい若返ってる。

全員、誕生日は覚えてるんですけどね。愛してますし。あ、でもそういう問題じゃない気がする。

2006年03月03日 | 日記 | トラックバック:0 | コメント:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。