スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

No Title

傍に居ると落ち着く。
声を聞くと、微笑んでしまう。

何だろう。
このとんでもないものは、何だ。
スポンサーサイト

2005年10月28日 | 日記 | トラックバック:0 | コメント:0

履歴書

「銀のエンゼル」っていう映画を見てました。西島秀俊は割と嫌いな俳優なんですが、小日向文世は好きです。最後のシーン、泣きました。親だ…。


* * * * *


現在の、自分の話をします。履歴書みたいなもんです。


研究室では助勤のスタッフとして仕事を引き受け、傍らで、在籍していたときに残していたままだった研究テーマを進めています。

大学のときに知り合った同期が会社を興しました。その縁でオフィスのネットワークの設備関係構築に携わり、今は時々、増設用件や内部のトラブル対応など、庶務の手伝いもしています。

veloceという喫茶店でアルバイトをしています。人が足りないからと呼ばれた筈なのに、今日はシフトをカットされていました。今日までに、店長からのその連絡はありませんでした。ひどいもんです(笑)

大抵は、それが終わったら、藤沢駅のNEWDAYSというコンビニでアルバイトをします。ここには友達がいます。一度就職のために辞めましたが、辞職して自分の夢を追うために、戻りました。そのことは店長の思想にはそぐわないようで、今月で契約を打ち切られることになっています。

何が問題って、俺自身のことよりも、俺が居なくなることで、夜番の友達が過剰なシフトで苦労させられるらしいんです。その他にも色々な話があり、知っている限り、最低の店長です。これ、話が逸れました。


週末には友達とフットサルをしたり、遊んだり、町田と駒沢でバンドの練習にも参加しています。


最初に、普通車の免許を取ろうと思っています。目標とするその業界に携わるためには、学校を卒業するだけでなく、アルバイトとして参入した経験も欲しいと思っているので、免許はそのために必要なものだからです。

その次に、関われる仕事をして、親にその話をしようと思います。学校に行きたいこと。その先に目標があること。実はまだ、きちんと顔をあわせる機会が無く、話自体は知っているかもしれないのですが、ちゃんと話していません。


…あの映画を見たから、こういうことを書こうと思ったわけではないんですが。

いつか、家を出て、東京に住もうと思っています。

目標とする事務所などはやっぱり都内にあるものが多いみたいで、アルバイトで手伝えるとなっても、その近くに住んでいるほうが条件がいいですし。学校に行けるようになったら、同時期に引っ越せるのが理想なんですけど…。

今は、一つ一つやっていこうと思います。

友達も、会いたい人も、近くに居るから。家族も。支えられています。

2005年10月27日 | 日記 | トラックバック:0 | コメント:0

仕事中@休憩

ようやく鼻も軽くなり、だんだんと復調しつつあるのに現在この時間で作業中…。大急ぎで図面書き直してます。終わるのかな、これ(*_*)


* * * * *


今さっき、似たような状況でレポートに追われるOさんとメールしてたんです。で、話の流れ、友人のファーストネームがちらりと出てきたんですよ。これはもしや!と思ってメール返してみたんですが、返事がありません(笑)

返事に困っているか、普通に、書き終えて寝てるんだろうとは思いますけれど。

ていうか、もしや、ちょっと空回りしてるのでは、と思って。実はちょっと前とかに、こっそりとちくちく焚き付けたり…まぁ、あの、曖昧なとこですが(^_^;)

もしも、「もしかして!」というのが事実ならば、余計なことはしないほうがいいかなぁ、と。なんてことを考えた、夜でございます。星が綺麗です。

余計なことしてる?って気付いたときには出来る限り足早に遠めに移動しようとしますし、元々、自分でどんどんやろうとしてしまう性分ですので。いや、後半、何言ってんだろ…。

まだちょっとおかしいのが続いているかも知れません。



* * * * *



改めて考えると、恋愛ってなんて難しいんだろうなぁ、と思います。改めるも何も、そうなんですけど、ね。

そもそも、簡単とか難しいとかいう話でもないんですよね。人の想う気持ちには基準なんてないもので、そんなものを、自分と違う人と交し合おうとしてるわけだから。

友達から発展する恋って、どんなものなんだろう。わからない。想像も付かないです。





…また吐いときます。隠せない。

「好きな人」が「好きだった人」になりつつあって、今、友達で、こじれてしまう結果にならなかったことを嬉しく想う気持ちがあって、でも、進むこと、というもうひとつの結果に至るなんてことは、あるのか?なんて、思って。

あるのかないのかなんて絶対に解らない。変な言い方をすれば、思い出したこと。解らないことに期待はしない、強い期待を持てない人間だったよ。そういえば。そういえば、そういう人間だ。自分って。

過去形になりつつあるのは、そういうのもある。終わらせたんじゃなくて、変わった。変わった、って、気付いた。自分の気持ちが。


なるようになるさ、と言われて、確かに落ち着いた。その言葉が誰の口から欲しかったんじゃなく、言ってくれた人が、その人だったから、なんてことにも気付いて。


割と、いや、すごく、結構、冷たいというか、弱い。自分。新しいもの、見つかったのに、切ない。

なんて馬鹿なんだろ。なんて。思う。

2005年10月26日 | 日記 | トラックバック:0 | コメント:0

風邪

ちょっと数日前から風邪気味だった感じで。喉の痛みと微熱は引いてきましたが、とうとう鼻に来ました。人と話すことが割と仕事のメインなのに、すごい声です(*_*)

一人で「ぬあー」とか言うような。声にならない声。言うっていうか、漏れる。が近い。あー。


* * * * *


ちょっと意味不明なこと書きます。


俺は何やってんだ、とか、俺は何考えてんだ、とか、思うことがありました。あります。今もそうなんですけど。現時点でそれを行動にしているわけではなくて、大元の思考としては継続してるから「今も」なんですけど。

話は飛びます。

*さんが再び忙しくなり、メールが途切れて大体10日ぐらい経ちます。俺は完全に妄想として、彼女と付き合うことになっていたらどうなっていただろう、なんて考えました。あるとき、彼女に送ったメールの履歴を読み返してて。笑ってしまって。俺が彼女に送ったメール、ものっすごい、頑張ってた。気張ってたんですよ。

それで、今があります。だから、もう、友達なんだなぁ、って思いました。俺がそう思ったように、彼女も思ったのかもしれません。

話は戻ります。

あるとき、そのことは自分の中ではとても重すぎて、友達に敢えて軽く言ってのけることしか出来なかったことを、さらけ出してしまうことが出来たことがあって。*さんにも言えなかったこと。

なんか、もう、全然上手く言えないというか。自分でも解ってないんです。軽いだなんて絶対に思われたくなくて、でも、上手く説明できるならそれで済むなんてことこそ、それは、ないから。だけど。だから、継続中の今を長く続けていたいなんて思うときもあって、これは、どんなわがままで、何を甘えているんだというか、これは、つまり、何なんだろう。

そういう、軽々しく言えないものがあります。今。

2005年10月24日 | 日記 | トラックバック:0 | コメント:0

15-16

15日

研究室で作業して、駒沢のバンド練習に行って、町田に向かってもうひとつのバンドのメンバーと飲んで練習して、終電で帰って、友達の家で麻雀。文字にすると動きまくり(^_^;)

週末は研究室+バンド×2か、フットサルという予定で固定なんですが、平日は平日で仕事とバイトがあって、週7日、結局動きっぱなしなんですけど。でも、1日休むぞって日を取りたいってのは、どうも思えなくて。

なんでかっていうと、その予定のうちにバンドもフットサルも、友達と遊ぶ時間も含まれているからで、時々、何もしなくていい日に何をしていいか解らなくなる体調のときがあって、そういう時は、休みだとしても結局作業を進めてしまったり。


あと、それとは関係ないんですけど、部屋に引きこもっているのはどうも苦手な感じです。自分の部屋とか、家、大好きなんですけどね。本当に。

ただ、風邪引いたときでも1回は必ず外に出ないと余計気分悪くなるぐらいで。完全アウトドア指向っていうわけでもないんですけど、割と身体は動かしていなきゃダメみたいです(^_^;)

お陰様で部屋は荒れ放題。…そういえば模様替えと掃除をしたいなぁと思っていたような(笑)


実際、研究室っていう場所に関わると、日付とか休日にほとんど左右されない環境になってしまうせいか(元々からあまり意識はしない人格だったんですが)、明日の予定ないやーって気付くのは前日の夕方ぐらい。

「それは、どうなの。笑」って言われるけど、忙しいけど、今の気分に合っている毎日、という気はします。学校に行けるようになったら、この環境はまたきっと変わるし、気の持ちよう、かな。



* * * * *



16日

ちょっと友達関係のもめた話もあり、ということで、以前の日記にもたびたび登場したOさんと、晩ご飯がてらに茅ヶ崎のお店で飲んできました。

Oさんとは、友達の女の子という以前に、とても気の置けない子で、ある意味、*さんよりも沢山のことを話してて。飲んだときも、雑談過ぎて何を話したか細かには思い出せないぐらい(笑)


で、その、2人で話していた、友達に対しての話。大まかに、ですけど、長い独り言として書きます。

たとえば、学校サボって遊んでたり寝てたりして、付き合ってる彼女が心配して連絡するんですけど、寝てて着信に出ず、起きた頃に電話に出て、携帯を忘れて一回取りに帰ってきた、と言ったとか。

別の友達に至っては他の女の子と遊ぶことを隠したりだとかね。それぞれ他にもいろいろあるんですけど(*_*)

別に好きにすればいいとは思うんですけどね。でも自分の中にはありえないことだという以前に、まるで理解出来ないところでもあります。


一昨日ぐらいにはシフトのことでOさんにも被害が行くようなことがあったりね。自由気ままなのもいいけれど、ガキだなぁ、と思ったわけ。

自分の思うことや楽しいことをしたくて、でも相手には上手く言えないから解らないようにしたり押し通したり、そういうのを男らしさと履き違えてるフシがあって。その2人には俺もそういうイメージがあったんですけど。現場を何度か見てますし。

正直どうなんだ、っていう話もあって。正直どうなんだ、って俺も思う。

でも、個人的には、友達なので、というのでは全くなく、友達だからこそ、そういうのは自分で傷つくなりして解れよ、と思うので、俺は何も言うつもりはなくて。

教えてあげることが優しさなのかもしれないですが、そういう意味ではきっと俺は優しくないです。そもそも優しさというものがどうかという話ではないと思うし。

少なくとも、こちらがそう思っていることがあるからそうしろ、解れ、と押し付けることが優しさではないということは確かだ、と俺は思います。

好きだから、友達だから、を理由に、何をしてもいいだなんてことは、きっと、ないから。ね。

そういう、独り言でした。


ただ、ここまでのことで、俺個人としては、その2人のことを嫌いになったということはなくて。

その点に関しては理解も出来ないし納得も出来ないけれど。でも、楽しい時間を共有できるから、大事な友達であることに、変わりはないんです。

直接に嫌な思いをしたOさんが、これ以上辛い思いをすることがなければいいなと思うだけ。



さて、ちょっと仮眠取らなきゃー…。

2005年10月17日 | 日記 | トラックバック:0 | コメント:0

金木犀

TVをまず見ないので、yahooなどがニュース源です。「和泉元彌がハッスル参戦」という記事を見て吹いた。彼、もう、何がしたいのか解らない。


* * * * *


相変わらず、*さんとのメールは続いています。元々、CDを渡しあう話だけだった話が、脇に逸れて逸れて。「で、CDいつにするよ?(笑)」っていう。なんか、続いています。

しかし、さっき来た*さんのメールというのが、また、とんでもない。文末がやばかった。夜中に声を上げて笑ってしまったんですよ。

まさか彼女が、こんなメールを…っていう。読み返すと眠れなくなりそうな衝撃。あの、色々あって詳しく書けないのがもどかしいんですけど、察してくださると助かります。とても意外な一面が見えたっていうことでした(笑)


今更の話なんですが、共有できる感性があるっていうのは、ものすごく嬉しいことですね。深く思えば、ただ嬉しいだけじゃない、安心感も含まれているもの。改めて思うのではなく、都度、そう思うのです。

金木犀の話をしていました。すっかり秋ですね。

2005年10月13日 | 日記 | トラックバック:0 | コメント:0

3 a.m.op

夕方、仕事先で、9日のフットサルの試合で*さんにもらったCDを聞いてみたんです。そしたら1曲目がフリッパーズ・ギターの"3 a.m.op(午前3時のオプ)"のカバーだったんです。

俺というのがまたフリッパーズ・ギター好き(どちらかというと小沢健二が好きだった)だったもんで、びっくりしました。カバーされていたのを知らなかったし、この曲が1番と言っていいぐらい好きだったわけです(ちなみに同じぐらい好きなのが"カメラ!カメラ!カメラ!"です)。

*さんにもらったCDは3枚あったんだけど、その聞いた1枚(色々入ってた)には曲リストが付いてなくて、このカバーは誰なのかどうしても気になり、催促してしまいました。駄目だ。

あと、そのCDの中には、俺が渡したCDにも入れたaikoの"キラキラ"が入ってて。なんと、かぶってたんですよ。すっごい笑った。そういや彼女に俺がaiko大好きだって言ってなかったっけね…いや、どうだっけ。でも、ほんと嗜好似てる。


* * * * *


解っていてするのはものすごいダメだと思うので確実にやめようと思います。

・深夜のメール(相手が起きていても)
・干している洗いざらしの自分の洗濯物の近くで喫煙(ベランダ)
・飼っている猫の名前を間違える

2005年10月11日 | 日記 | トラックバック:0 | コメント:0

No Title

ごぶさたでした。ここ1週間ぐらい忙しく、ずっとばたばたしておりました(+_+)

あれから、夜になるたび少し考えていました。ここに何を書こうかなぁ、というようなことです。

しかし、元々、内容を選ぶほど、大層な文章が書ける人格ではありません。恋が終わったような気はせず、始まった気すらする、毎日です。やはり気の向くままにつれづれ垂れ流していこうかと思います。

皆様も、気の向くまま、これからもよろしくお願いします。


* * * * *


話しているととても落ち着く、というのがあって、気が緩む、という表現も間違っていない時があります。こんな感覚を不思議に感じることがあります。変な感じです。そんなこと、今までになかった。

一言で言うと、よくわかりません。


* * * * *


身辺では、大学時代の恩師と先輩に誘われて、助勤スタッフとして研究室に戻ることになりました。やり残したものを完成させろ、というか飲むぞ、という、手厚いお誘いでした。感謝しています。


あと、友達を紹介しろと言ってきた友人が居るんですが、それを言ってきた本人について認識を改めなくてはならないことが起き、紹介するのを断りました。友人であることもやめるわと断りを入れたぐらいです。

本人にまるで意志の及ばないところでの批判はしないという信条ですが、正直、一言だけ書き残しておきたい感情でした。お前にはもったいねぇよ。っていう。

元々その時点ですっきりしてましたが、書いたことで更にすっきりしました。お目汚し。


* * * * *


喫茶店でのバイトの休憩中、何度か*さんと会いました。普通に世間話と、音楽の話をして、9日にCD交換しようね、と言って別れました。

以前書いたような気持ちは確かに続いていて、その、会ったときに感じた気持ちというのが、こんなにも、表現しがたいものなのかと、思います。

難しいですね。苦しいところです。

2005年10月08日 | 日記 | トラックバック:0 | コメント:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。