スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

血と自分

そんなこと考えてどうするの?って所で考え込んでしまう。24歳として、男として、いまここにある人として。条件が絡んでくる。B型思考の半分ぐらいに入り込んでくる。

あと、血液型の判断は本当は当たり障りのない内容を統計的に投げてくるのだけれど、それを「あるなぁ」と思って安心できることもあるのだけれど、問題なのはそれに頼りたくなってしまうところ。そればかりではないってところ。俺の話で言えば、場合によって見せる神経質さだとか几帳面さだとか。結局混ざってるもの。

指標から得るものもあるけれど、結局どういう性格だって自分は自分だね、っていう結論に達して弟(AB型)にそれを話してみたら、「そこがB型だよね」って言われた。思わず「あー」って言った。納得。

話は飛ぶけれども、気付いたら誘われてた、とか、気付いたら一緒に遊んでた、とか、そこにいた、とか。そういう友達との関係が幾度あったせいか、ぶっちゃけ交友関係というか、なんていうか。「遊ぶ」について考えた。ひととき。いや、ひとときでも悩むなっていう話で、ほんとに人と違うポイントに無理に脳を使ってる気がする。遊びたい奴に声を掛けるとか、基本かっていう。基本過ぎて気が狂いそうだし。悩んだというか考えたというか。

筋金入りの寂しがり屋が感じる孤独ってのはこうも被虐的なのだな、と感じて、落ち着くと自分の事ながら苛々する。ほんとやめる。こういうの。今後、逡巡するくらいなら声掛けて、だめなら一人で酒飲むことに決めました。お酒とお刺身に弱い24歳。

話変わるんだけど、仲良くしたいと思った同性の人から、自分が妥協できない部分でしていたことを「そんな、手伝ったり頑張んなくていいからー(苦笑)」って言われて。自分のやりたいことしてるんじゃだめなのか?って思ったんだけど、よく考えてみたら、その行為は誰かのためになることかもしれないけど、その誰かの仕事を奪っているかもしれない、って。俺がいなきゃできないことってそこにはない。そこにはその仕事をする次の番の人が来るのだから。誰かがやるのだから。でも、結局は、誰かが楽になるんなら、でいいんだけども。あと、そう、変な自意識を持つのもどうかな、とも思った。定まった自意識ってのは固定観念に化けるときもあるみたい。

悩むだけ悩んで、辛くなったり苦しかったり、さらに考え込んでしまったりして、でもものによっては、最終的に「これでいっかー」って、ふわっと軽くなってしまったり、誰かに軽くしてもらったりすることがある。そこも、きっとそう。B型である以上に、俺の頭の中であるってこと。

自分を知るのも今更かよ、っていう話で、でも、だから、もっと知りたい。知らない分だけ知ってもっともっと色々足したいとも思う。足したり減らしたりしたい。俺は幼いけどガキじゃない。未完成万歳だよ。
スポンサーサイト

2005年07月30日 | 日記 | トラックバック:0 | コメント:0

ベンチ

無事台風は去っていったようで、いま外はごうごうと波の遠音が響いているだけ。お風呂上りに海岸まで散歩。もうこの夜の散歩も数え切れない。悩んだ数だけあのベンチを思い出しては座りに行く。

そこで何を考えるのだろうと改めて思うと、潮風にあたっているその時でまとまる考えというのは、実はあまりなくて、あの人との数度の記憶を掘り返すだけでもあるし、どうしようかと思いを巡らせることもある。大抵は本人のことで、どうしようもないことばかり。答えの出ない問題をただお手玉のように回しているだけ。そうしている間に煙草が燃え尽きて、新しく火を点けるまでに頭の中が洗われたような感じがする。その感覚が、割と心地のいいものだって知ってからは、あの場所に何度も足を運ぶようになっていた。

そんなとき、深夜だというのに「起きているだろうと思って」でお構い無しに連絡をくれる友人もいる。そんなメールや電話が嬉しい。研究の話や上司への愚痴だとか、片想いの話や、恋人とうまくいかない話。様々なもの。それが毎回ではないのだけれど。

海辺のあのベンチに居るときだけじゃなく、何かをしているときは返事も返せないことはお互い当たり前のようにあって、それでも、自分が確かに思うのは、付き合いの長さじゃない、好きになれる友達の存在を望んでいたこと。望んでいること。なくしそうだと恐れて確実に沈んでしまえるのはそれだ。本当に欲しいって思ってたから。ずっと昔からそうだった。一人でふらふら過ごしているときもあるのに、友達の存在は確かに感じていたいのだ。

だから、こんなことは、本当は口に出して言うつもりは全くないし、何より言うことが友達への態度とも思えないから、絶対に言わない。ここに書いたということへの返事も求めない。何でも正直に言ってしまうことが出来るから、自分のことを、抑制すべきようなことをしないことも出来る人間だと思うから、こういうことを言って戸惑わせてしまうんだろうとも思う。実際伝えることへの照れもあるし、望んで得ることの出来る存在ではないのだから。だから、口には出さない。

俺が友達だと思っている、俺が思っているだけかもしれないけれど、心地よい時間をくれるみんな。これからもずっと友達でいてくれ、って。いつもありがとう、って、思う。


夜の海辺のベンチで、そんなこともぼんやりと考えています。

2005年07月27日 | 日記 | トラックバック:0 | コメント:0

ON/OFF

先日の件について、本人が見てないのは確実と知りつつさらに直接既に話しているのだけど、あえてここにも書こうと思った。おめでとう。

幸せではないけれど、完全に満たされているわけではないけれどと飽くなく思うくせに、楽しくて、埋まるところはある。夜番のみんなのお陰だと思う。

仕事量で言っても毎日4時間半勤務で2時間残業してても問題ないぐらい。毎回忙しいけれど深刻に困ったことは一度もない。28日から新しい仕事先で勤務することが決まっているので、8月いっぱいは、まるまる一日が空くような休みをなくすつもりでいる。新しいバンドの練習日がある日を除いて。余裕は欲しいけれど、ゆとりとかそういうものはまだ要らないように思える。それほど気持ちが疲れる毎日じゃない。



* * * * *



俺の好きな人は俺と入れ違いに店に戻ってくる予定であるそう。当初の予定とはもう本当に外れているのだけど、それもまた面白くていいかもしれない。大体、会いたい気持ちはいつだって消えないってのに、確かめたいことはいくつもある。彼女と接したことで抱いた感情に変化があるのかどうか。

酷い話だとは思うけれど、そういう気持ちは俺の中のどこかの小さなスイッチが切り替えられたかどうかであって、一度暖めておくことを決めたそれが、もし今後会う機会があったとしてどう変わっていくのかを俺が知りたいと思うようになっていて。想いのきっかけは今のところ俺の中の一瞬でしかないけれど、再び胸が高鳴るのだろうと思うし、影響を受けたいと思っているのもある。会えないなら会えないでもいい。気持ちが不器用なくせに随分難しいことを考え過ぎていると思うし、そして本当に長期戦過ぎて、なんだか笑える。いつすっ飛ばして気持ちを伝えようとする先走りを危ういところで制御しているくせに。

2005年07月26日 | 恋愛 | トラックバック:0 | コメント:1

ふと

思い出して先日のメモを見返した。[やること]に含まれていたものの中で今となってはまるで必要のなくなったこともある。あるまじき先天性というか、先走りは止められない。放たれた矢として生まれているから。ちなみに、13星座だと蛇遣い座になるんだけど、どちらにしろ言われることはほとんど変わっていない。先行・奔放・挑戦・バイタリティ・冷静・頑固・束縛を嫌う・過去を踏み越えていく力。どれかは確実に入っている。間違っている気はまるでしない。


バイト後、後輩から謝りの連絡があって。実際にどう期待していいものだか本当に解らなくて、落ち込むこともなかった。逆に落ち込んだりしていたらおかしいと思うような。本当の気持ちはとっておいてある状態のままだから。むしろ声を掛けてくれていたことに対してこちらがお礼を言わなければならないぐらい。しかも明日は勝負の日だとかで、2人の問題だからあえて言うまいとは思ったんだけど、励ます気持ちこそ言わずに伝わるもんじゃない。がんばれ。


止まっている時間を過ごすことにこそ自分は苛々を感じている。自分の追い求めているものは、流れるように日々新しく動いている周囲そのものではなくて、その流れの中にある自分の周囲に対して動きを付けていけるような、自分の動き方。

ポジティブにいられるままで生きていけるとは思ってないけど、そうであればその方がきっと楽しい。と思う。

2005年07月25日 | 日記 | トラックバック:0 | コメント:0

No Title

朝、諸用あって市役所に出かける。
前日ろくに眠れていないけど、どうしても行く必要があった。

目的の人とこれでもかってぐらい話す。
もう多分、神奈川県で会うことはないのだから。


昼、そのまま茅ヶ崎のフットサル試合場へ。
合計4チームしか出場しないのに加えて我がチームはフルメンバー出場。

メンバーが5人ぎりぎり。即ち交代はなし。全試合出場。
2得点。サッカー人生において初得点。


夕方、いったん帰宅。
シャワーを浴びて、自室で呆ける。

横になっていたらすぐ寝ていたはず。
おにぎりを一つだけ食べて藤沢へ。


夜、アルバイト。
ものすごい混んだ。

昼の地震でダイヤが乱れに乱れ、2時過ぎまで店で後輩たちと話す。
ようやく終電で帰る。



* * * * *



前の彼女からメールが来ていて、自室で休んでいたころ返信をして、しばらくやりとりをしていた。「こんな私にも彼氏できてしまったんだよ!安心して友達になろ!(爆」という文章が帰ってきて。実のところ、俺が安心した。とても気にしていたわけではないけど、あと、きっと平気だ、と思っていたのは、あまりに勝手すぎるとは思うのだけど。ただ、正直に、心強い友達だな、と思った。皮肉は込めていない。本当のことだから。これからもときどき連絡を取るんだろうとは思う。もう新しいスタートを切ることが出来ているのだから。頭の中でおめでとうとありがとうを言った。


肘が顔にぶつかるのを恐れずに飛び込んで、つま先でボールを押し込んだときの勇気が、これまでの俺になかったものなんだと思った。ほっぺたが今も少し痛い。痛いけれど、痛くない現実なんてないんだ。俺はなりたい俺になる。痛みも辛さも関係ない。

2005年07月24日 | 日記 | トラックバック:1 | コメント:0

No Title

A:待つ
B:話しかける
C:


もしこれまでの俺が彼女にうまく近づけていたとしても
こうなっていたのだろうかと思うと

もっと苦しかったのかもしれない。


俺はうまいやり方なんて知らない。
興味のあることが一つ胸にあるだけ。


どの選択肢も辛い。
夏の暑さで誤魔化せない。

2005年07月22日 | 恋愛 | トラックバック:0 | コメント:0

BEAUTIFUL DAYS

単純な、と思われるかもしれませんが、自分の変わり目には、常に自分の心地よいと思える音楽が隣にありました。いま一番心地よい、古内東子の曲。タイトルが、そうです。

お声を掛けさせてもらっていた、スカをメインとするバンドの方から、ぜひ一緒にやろうと連絡を頂きました。


恋愛のほうは相変わらずだけど、一つずつの嬉しいことをもらって、気の持ちようも変えていける。音楽は自分に影響する。自分のこれまでしていたことだけで満足してしまうくらいなら、多少何かあっても、新しいことをしていこうと思う。大事なものは、どんどん増えていけばいい。

2005年07月17日 | 日記 | トラックバック:0 | コメント:0

梅雨明け間近

メモ書いたんだけどエントリィ増えたら確認しなさそうだってことに気付いて。なんのためのメモだ?


先日のお気に入りを書いて、ある人から「じゃあその好きなアーティストの中で一番は?」って聞かれました。よく聞かれる。実際、全部が一番であって一番ではなくて。場合によっては一番と答えるものもあるけど。でも、音楽だけに限らず、大事なものには優先順位はある程度あるものの、順位とか絶対に付けない。どれか一つと決めなければならないとは全く思わないので、増えもするし減りもして、いきなり嫌いになったり好きになったりもする。そう思えるもの全部が大事。好きなもの全部が好き。主義以外はほんと気分次第だし。一つと決められる人もいるとは思うんだけど、俺は元々が欲張りなので。

少し話は違うけれど、こういう人なんだと決められるのが嫌なので、決めない、と思っているのも影響してる。これに関してはこの人しかいない、と思ってもらえていることに関しては、それほど嬉しいことはないと思えるのだけれども。


* * * * *


九州地方は梅雨明けしたとか。関東ももうすぐだ!ってことで気分が晴れやか。またメモがわりに行きたい花火大会の予定でも書いておこうと思います。割と前も言いましたが、夏大好きです。ほんとに。楽しみ。


08/02(火) 江ノ島花火大会
08/06(土) サザンビーチ茅ヶ崎花火大会(家から見える)
08/07(日) 開国花火大会(横須賀)
08/09(火) 鎌倉花火大会


楽しみなんだけども。今年はどうなるんだろう。どうなるんだろうなぁ。ううむ。

2005年07月16日 | 日記 | トラックバック:0 | コメント:0

メモ

[欲しい音]-優先度高

・aiko "キラキラ"(8/3)
・矢井田瞳 "Here today-gone tomorrow"(8/15)
・Foo Figters "In your ownner"
・Yum!Yum!ORANGE "ORANGE FUNKY RADIO"
・Jamiroquaiのアルバム(なんでもいい)


[欲しい音]-割とどうでもいい

・SOPHIA "one summer day"
・FLOW "DAYS"


[欲しいもの]

・Pearl 7H ×1set
・MD数枚


[やること]

・市役所にいく(来週中)
・書類+三井住友の口座開設(19日まで)
・仕事@青葉台(21日)
・練習+試合の打ち合わせ(23日まで)
・風呂場ラックなどの採寸積算(今月中厳守)
・公園練習用のランプ、ブツ確認+見積り(予定次第)
・ヒノキ材、プラ板、サンド買出し(期限なし)


[捨てる]

・例の服
・写真
・廃材

2005年07月16日 | 日記 | トラックバック:0 | コメント:0

template

変更。他のfc2blog使用者様、かぶってたらほんとすみません。涼しげ夏模様(イメージ)ね。とっとと夏になれっていう想いを込めて。

2005年07月14日 | 日記 | トラックバック:0 | コメント:0

E

旧友のTと矢井田瞳の話になって「ヤイコってまだ活動してんの?」と聞かれたので「してる!」と割と大きめに答えたね。半ギレ。大好きな歌い手の活動状況を聞かれるほど頭にくるもんはない。ないね。困ったもんだ。



* * * * *



気持ちの選択肢が増えてからというもの、俺は、自分のしたいことを、前以上に、ゆっくりと見据えることが出来るようになってきていて。当たり前でおかしな話だけれど、アルバイトをしている自分が、本当に自分のしたいことのためにそれをしている、という認識がどんどん強くなっていて。夢を失わないようにと恐れる気持ちもあって、でも抱き続ける自信があって。いま一番気にしているのは、年齢のこと。それだけ。でも、そんなのどうでもいいって思う。現実的に考えればどうでもいいことじゃないんだけど。でも、問題じゃない。それは俺がしたいことを諦める理由なんかにはならない。

何かを見ようとしていて、何かが見えなくなってしまうことも、あった。これからもあると思う。いつもあとで気付く。終わり際。そこで初めて後悔の選択を迫られていて。いつも、何かが遅いんだ。でも大抵は、後悔なんてしない。ものによっては無理に言い聞かせるときだってある。辛ければ考える。満足できているかどうかは自分で決めることだから。

そこで納得がいかなかったときの俺は、すごい。すごい情けなくて、情けないから、悔しくて、むっちゃくちゃ動く。いま、身体は、そのエネルギィで動いてる。存在するエネルギィは、すべていつか別の形になってしまうものだけれど、俺の向かうことに疲れない頭は、そのためにあるんだと思えて。

諦めるという意味ではなく、触らずにとっておくという選択を取らざるを得なかったものも、ある。何もしないという選択をとったものたち。くすぶり続けるものも、そうでもないものも。増えては減って。また増えて。一つずつ、出来る限り大事にしようと、生きています。気持ちのエネルギィがある限り。触れることが出来る限りは。

2005年07月14日 | 日記 | トラックバック:1 | コメント:0

お気に入り

好きなアーティストだとかバンドだとか、グループを書いてこうと思いました(以下、順不同)。

カテゴリ分けされてますけど、最後のやつ以外は割と分け隔てなく聞いてます。「曲による」ってのは、その曲はかなり聞いてますが他の曲には聞けない曲もあるっていう感じです。ですが、全部、ここまでの音楽に対する想いや楽しみを与え続けてくれている影響大な方々ばかりです。

ちなみに、抜けているものもあるかもしれないので今後説明なく更新される可能性があります。あと、JAZZはちょっと多すぎるので今度別にします。

(最終更新日:2005/10/28)


■好き(邦)

・aiko
・ASIAN KUNG-FU GENERATION
・ELLEGARDEN
・古内東子
・星村麻衣
・東京事変
・スピッツ
・サンボマスター
・倭製ジェロニモ&ラブゲリラエクスペリエンス
・東京スカパラダイスオーケストラ
・Yum!Yum!ORANGE
・PE'Z
・SOIL&'PINP' SESSIONS
・Mr.Children
・MISIA
・Crystal Kay
・CHEMISTRY
・森広隆
・矢井田瞳
・MAD CAPSULE MARKETS
・真心ブラザーズ
・RIP SLYME
・一青窈
・スネオヘアー
・JUDY AND MARY
・THE BACK HORN
・ナチュラルハイ
・Super butter dog
・dorlis
・槙原敬之
・ガガガSP
・m-flo
・THE イナズマ戦隊


■好き(洋)

・Slipknot
・OffSpring
・GreenDay
・Metallica
・Zebrahead
・Foo Fighters
・Maroon5


■割と好き(邦)

・サザンオールスターズ
・Dir en Grey
・BUMP OF CHICKEN
・Janne Da Arc
・SHAKA LABBITS
・中島美嘉
・ゆず
・CUNE
・TAKUI(中島卓偉)
・SURFACE
・RUDE BONES
・レミオロメン
・The Band Apart




■曲による(邦)

・平井堅
・BoA
・宇多田ヒカル
・犬神サーカス団
・GOING UNDER GROUND


■曲による(洋)

・Hoobastank
・COLDPLAY
・Marilyn Manson


■昔好きだった(邦)

・フリッパーズギター(小沢健二)
・SPIRAL LIFE
・電気グルーヴ(石野卓球)
・MY LITTLE LOVER
・フィッシュマンズ
・ユニコーン


■昔好きだった(洋)

・Deftones
・Red Hot Chili Peppers


■ちょっと恥ずかしい思い出(邦)

・PENICILLIN
・SIAM SHADE
・X(JAPAN含む)
・CHAGE AND ASKA(避けて通れない道でしょうか)
・B'z(避けて通れない道でしょうか)


■ちょっと恥ずかしい思い出(洋)

・Backstreet Boys(ノーコメント)

2005年07月12日 | お気に入り | トラックバック:2 | コメント:2

散文

夕方、あの人にメールを送った。それこそどうでもいい、今更のもの。声を掛ける程度の。返事は来ない。軽すぎたかもしれない。後悔はしてない。でも、そう言うほどのことじゃない。後悔するしないの問題じゃない。そんなに大それたことじゃない。重いつもりもなければ軽いわけでもない。考えてみれば、そういうことじゃないか。自分の中にある普通のこと。そういうラインがある。あった。

俺は自分というものを掴んでゆこうと、同時に考えていて、あの人を好きになってから、俺にとって、藤沢の町を歩くという行為に含まれる意味が変わっていて。この街はとても、前以上に、大事なものになった。あの人の住む街。俺の過ごす街。以上でも以下でもないものがあって、当たり前のことがあって。大事な人たちと出会えた。いつかこの街を故郷と呼べる日には、きっと重大な支えになってくれる気がする。今のところ、考えるのは、あの人のことだけなんだけど。

今は動けるだけ動いてみたくて。歩き回ってないとだめだ。俺の欲しいものって、いつも同じ場所に留まってない。気持ちもものも。みんなそうだって思っていて。俺が疲れないのは、追いかけるのが好きだから。かもしれない。わからないけど。時々は疲れてしまうけど。誰にも言ったことのない欲しいものがあって。それが欲しい。から。よくわからないけど、そういう気持ちで疲れたことはこれまで一度もない。今も辛いんだけど、疲れてない。

なんだかわからないけど、止まりたくない。好きな人。欲しいもの。友達。自分。言葉。気持ち。そうあるものを大事に生きる。みんなもあの人も、大好きだ。なんだ、これ。

2005年07月12日 | 日記 | トラックバック:0 | コメント:0

吐き出す

あの人の負った怪我の完治にはまだ少し時間が掛かるようで、しばらく会えそうにもない。更に、迷惑が掛かるからと、辞めることも考えていたそう。

それを後輩に聞いたとき、悲しくなって、胸が痛くなって、会いたくなって、焦った。感情の話しか出てこない。会ってどうするつもりだったなんて、今でも解らない。解らないけれど。

勤務時間を終えて、後輩の手伝いをしていて、時々笑うのが精一杯だった。メールを送ろうとしては保存して、結局送れないまま。準備だけして気を休めていたつもりなんだろうかと思うと。なんなんだそれは、って思う。

家に帰ってきて髪の毛の色を落とした。少しムラがある。落としすぎたかもしれない。風呂場で、弟に頼んでタバコを1本もらった。15mg。普段の自分のは1mg。思い切り吸い込んでくらくらした。

いつも同じ事を繰り返している。気持ちが浮き沈んでは、立ち直ろうとして、ここに書いて、読み返しては、持ち上がろうとした気持ちを思い出して、何かが起きて、また気分を落として。繰り返さないそのために何かをしただなんて。何もしてない。本当に。本当に何もしてない自分の姿が余計に大きく見えただけ。

大変かもしれないから、で声すら掛けられない。目の前に居ないからまた会えたときにでも、だなんて。それじゃ、近づいていないのと同じで。下向きとかそんな話じゃなくて。それで納得しちまってるなんて、見ようとしてないのと同じで。盾にして逃げるための悲しみなんて抱くのは大きな勘違いで、そう思いかけるのもいつも今更。自分で自分の自信を奪うことなんて容易すぎて、苛々する。それこそ、思い込みだってのに。

俺らしいって思えた俺が、なんで逃げてんだ。情けないから、もうやめる。楽しみたいから一人になったんじゃない。幼すぎて苛々する。難しいけども、立ち止まることに少し納得しかけてた酷い有様だからこそ抜け出たい。抜け出る。情けなくても思ったことをする。そうしたいと思ったことをする。自分を嫌いになるなんて想像もしたくないから。

続きを読む

2005年07月11日 | 恋愛 | トラックバック:0 | コメント:0

宣伝紹介(どうだろ)

普段は、それまでで好きになっているバンドとかアーティストについての思い出だとかをちょこっと書いていったりしてるだけなんですけど。珍しく宣伝。友達らと寄ったビデオ屋でPVが流れてた"Plane"っていうバンド(左記リンク:TOY'S配信のバンドHP。視聴できます)。「sister」って曲でやられましたね。なんか。こういうのにも弱いです。ロック好きって言っても重いだけじゃ好きになれんのです。軽いのも大好きで。いや軽くはないんだけど。うん。うまく言えない。

今は、あと、オフスプリングも聞きたい。全然関連ないっていう。

2005年07月11日 | 音楽 | トラックバック:0 | コメント:0

スウィングガールズ

とても面白かったです。ていうか、この年齢においてJAZZ好きで良かったなぁと思う映画でした。いまこの時点で、音楽というものに触れることが出来ていて、それがとても素晴らしいって思える気持ちが暖まりました。よかった。うん。音楽ってほんといいもんだ。いいもんだっつーか、もう一部です。身体と心の。

あと、そういえば、新しいバイト先、受かってました。なんか、なんとなく受かるって思ってて。変な自信みたいなのがあって、そこが受け入れられそうなところとか、ものとかをもう選べるようになっていて。そう、なんか、変な自信あります。これがその、片想いにも活かせるといんじゃないか、なんて思ったりもします。まぁ、そこは、人と人のことですので。うん。

さっき書いた文章で「恋人でもなんでもない普通の時間を一緒に過ごしてみたい」的なことを書いたと思います。どうやら俺は、そこから彼女とのビジョンを膨らませて、楽しい妄想をしたり(危ない)、自分の、そういう変な自信にしていきたいんじゃないだろうかと思います。思いますってのも変だけど。なんだろう、探るというか、図るというか、やっぱり腹黒いんじゃないか、て、いうか、やっぱりその、全部含めて、一緒に居たい、って、なる。

先に抱いておく自信も大事だけど、相手との間で築く自信も大事。だと思います。その両方はきっと同時に出来ること。きっと出来る。

そう、なんか、いま急に例の占いの結果を思い出して。そういや彼女、知的美人だ。うん。なんだろう。綺麗でかわいいっていう。なんだこれ。なんで思い出したんだ。

無事を祈っています。

2005年07月09日 | 日記 | トラックバック:0 | コメント:0

銀河と迷路

大事というわけじゃないですが、無事手術も完了してまして、7日の夜は友達とご飯食べてたりしました。傷が完全にふさがるまではもう少しかかるそうなんだけど、既に右足が軽い。軽いっていうか、つま先まで一貫した違和感のない神経伝達というか、まぁ、あの、この感覚は説明しづらい。てかこの状態でフットサルだとかドラムやってたのかって思うぐらい軽い。血が溜まってたわけ。良かった良かった。

今日は1日ぼーっと製図の本を読んではペンを走らせて消して、結局消してました。作例のトレースだけでも凄い神経使う。いや、むしろトレースだから神経使うんだろうかな。まだまだ近いものを模倣してるだけ。作る、ってなったら、全然別種のもんだろうと思う。トレーニングって事で。ものすごいわくわくするけど。

夜には喫茶店時代の先輩とご飯。「別れました」って伝えたら、吹かれた。そういや言ってなかったっていう。で、134号線沿いの「80℃」っていうお店(先輩の彼女が働いている)に場所を変えて、業界とか仕事の話とか、資料集めてる学校の話とか。あと、いま片想いしてるんですよーっていう話をしてたりして。いろいろ被害妄想に走ってしまうこととか。下向き思考であるとか。本人と会う機会がいまほぼ皆無であるとか。先輩の「これからだよ」って言葉がとても楽な感じでございました。ほんとそうだ。

そもそも、何が始まってたつもりなんだろう、って。始まってたのは俺だけの気持ちのことで。以前自分でここに書いていた、好意的な解釈、だとか。そんなもんも抜きにして思う。俺は一体あの人に何をしただろう。メールを送って電話で話して、それから少しでも先に進んだんだろうかって。進むために自分の出来る事をやろうと思って、それだけじゃないか、って。彼女に近づいただけ。本当に近づいただけで。

恋人じゃない2人が近づけるための何か。なんだろう。何かってもんじゃないのかもしれない。俺だけが燃えていればいいようなことでもない。かもしれない。でも気持ちは薄れない。やっぱり強くなる。そういうことを思うだけで。

先輩にバイクのあるところまで載せてもらって、TSUTAYAに寄って帰宅。足りないのはなんでもない普通の場所を共有すること。なんだろうか。でもそう思ってる。それに対して、それで進めるのかという不安はやっぱりあるんだけど、そうしたい気持ちがある。今はまだあの人のそばに居るだけでどきどきするんだろう。

彼女のわからないことは、彼女に聞くしかないし、会う機会のことも、気持ちを伝えるための先送りにするつもりというわけじゃない。悪く言えば、機会を伺うってものに近いけど。でもタイミングは大事だと思うから。どんなタイミングがあるのかすらもわかってないんだから。

先輩は、また難しい恋だねえ、と言って笑っていた。ほんと難しいです。伝えるだけならば簡単でもあるところが特に。でも好きで、止まれない。どう言おうかと考えただけで眠れないのだ。今すぐにでも会いたいと思うのだから。

2005年07月09日 | 恋愛 | トラックバック:0 | コメント:2

病床パブリック

詳しい説明は省きますが、すっげー血が出ました。笑った。笑わざるを得ないというか。しかし家に着くまで傷が開かなくて良かった。老廃環の血液とはいえ、結構出る。ふらふらするし。違う。それはもともとだろう。

なんだろう、数年前から右足にちょっと残り傷みたいなのがあって、それに、先月頭頃に引いた風邪が影響していたという。慌ててガーゼとか買ってきました。でもテープ買い忘れて、製図用のテープで止めてて。しかし、杏仁豆腐は忘れずに買ってきてるよ。デザート買おう、とか思って。余裕ある。ありすぎて、きもい。まぁ、セロテープよりいんじゃないかと思います。気持ち的に。明日外科行きます。ちゃんとしたテープで処置してもらいたい。これ、張り替えたらすごい毛が抜けて痛い。

昼に新しいバイト先の面接に行ってて。店長と店先で語り合ってました。VELOCEで働いてましたーって言ったら「あぁ!藤沢で一番ヤバい店だよね!」って返って来ました。そんな笑顔で言うな。合ってるけど。何がヤバいかっていうと、労力に時給が見合ってないだけの話なんですけど。ものすげー混む。1日のピークは4回。夏場は6回。でも750円。上がらない。

俺が居た頃は、そんな状況でもほんと周りが面白い人ばっかで、とにかく楽しかった。閉店後の居残りで酒飲んだり、ラーメン食べに行ったり遊びに行ったり、そのままオールで遊んで朝番、とか。ほんと無謀だった。あの頃の同僚は卒業生になって、今でも遊んだりしてて、大事な友達です。

次にNEWDAYSで働いてますーって言ったら「体酷使するの好きなの?」って返って来ました。面白い人だなぁ。NEWDAYSのピークは電車ごと。電車が来るたび行くたびに混む。あの店にも大事な後輩が居て、好きな人(入院中)もいるという。公私混同全開。でも仕事はきちんとやってます。元彼女のことであからさまに気まずい雰囲気を出してくるお子様も2人ほど居ますが、知ったこっちゃない。あの人が好きだし。俺は俺!

いや、過酷かどうかなんてのはどうでもよくって、実際過酷じゃないし、ていうか、ぬるい職場ってのは本当に自分に合ってないって思うぐらい嫌なんだけど、一番大事なのは、どっちも、自分にいい気持ちを与えてくれる人がいる、っていうところ。これからもずっと友達でいたいし、今もそうでありたい。離せない。店じゃなくて、彼らが大事。店は出会うきっかけをくれた場所だから。

あと、俺はどうも「元カノ」って表記がとても気に食わないみたい。みたい、っていうか、絶対使わない。なんだろう。音が悪い。どうでもいいか。

2005年07月06日 | 日記 | トラックバック:0 | コメント:1

宝物

現状一番いい一瞬の妄想ってのは、向こうももしかしたら何か言い出せなくて、って感じのものです。いや、好きとかじゃなくて。そんな大それたもんじゃなくて。あ、なんだろう、ぶっちゃけ、考えたけど。一瞬考えたけど。「ね、ねえよ!」って叫んで(脳内で)否定します。してます。なんか、勝手に照れるという。は、恥ずかしい…!

根っからのツッコミなのか自虐人格なのか、好意的な妄想に対し歯止めがかかるようです。ようです、っていうか、かかる。痛いほど浮かれていて落とされたりとか、あったりしましたし。最近では、それもあったけど、強引に抑制したりしていたけども。ただの変態なんじゃって思われても、割と完全否定とかはしなくなってきてる。絶対ありえない!とか。そういうのはない。妄想は妄想で、期待は期待で。だったらいいなぁ、とか。でも相手のことだもんなぁ、とか。確かめなきゃわからないことでも、馬鹿馬鹿しいと思って止めずに考えてる。すごく自由になれている気はする。まだ駆け出しっぽいですけど。

こないだの事件以来、どうも安定しているのか不安定なのか。会ってない時間がどんどん増えていくにつれて、気持ちは強くなるのに、思うままにやっていこうと決めたことで、自分のことも、余計なぐらい考える時間も取れるようになっていて。そりゃ、恥ずかしい妄想はやっぱり恥ずかしいもんだけど。なくもないかも、って自分で思えるぐらいには。なれた…かもしれない。どうだろう。まさかなぁ、って思えるぐらい。いま一番自分が思える彼女に対するアドバンテージは、話したこともない全くの他人じゃないってことぐらい。なんて弱気な…。

すっごく隠したかった弱い感情の話をします。弱すぎてすっごい汚いと思われるかもしれないけど。ほんとは、誰かの確かな後押しが欲しいなんて思ってしまったときもあって。でも、不安だから、何をしてもいいなんてことは、絶対に許されないって思う。自分がそれをされて思うところがあって、多少でも解っているのに思ってしまうのは、後輩たちに甘えているからだと思う。甘えているというよりは、きっと依存してる。俺は、依存は悪いことじゃないとは思うんです。でも、自分で胸張って言い出すことじゃない。どんなに弱弱しく思われたって、あのフットサルのメンバーは大事な友達だから、後押しは欲しいけど、自分で望むものなんかじゃないし、何より彼らを絶対に失いたくないって思う。話を聞いてくれるだけでも充分に助けられてる。俺は何もないところにいるわけなんかじゃない、って。今は、そう思っています。情けない、少し前の自分の話でした。

話は変わるけど、全然付き合いは短いのに、話したことも数度しかないのに、俺は、あの人のことを、ものすごく魅力のある人だと思いました。わからないけど。勝手に考えているだけなんだろうけど。でも魅力ってそういうものじゃないかって思ったりもするんです。人や他人や友達や、見ている俺にすら表現しがたい、わからない力ってのが、あるって思う。好きだって言うだけかもしれないのに、言葉にしようとするだけでどんどん遠ざかっていきます。お互いの疎通に由来した自分で思い抱ける彼女の魅力と、そういう、不思議な魅力にもとりつかれたんだと思います。心ごと。

しかし、相手は怪我で入院してるってのに、呑気なもんですよね。ガキかっつーのね。ほんと。そろそろ模型を作り始めようと思います。何かに没頭してないときっと駄目。タイトルを「妄想狂の詩」に変えようかと思ったぐらい。変えないけどね。あと野球もそんな好きじゃない。


スロウライフという言葉の意味に含まれるような、ゆっくりとした流れの、こんな恋とか、夢とか、きっと欲しかったんです。ゆっくりと夢に向かって、ゆっくりあの人に恋をしていくと思う。これからも。

2005年07月05日 | 恋愛 | トラックバック:0 | コメント:0

手段と気持ち

「恋文日和」という映画を見ました。「オーシャンズ12」とか「スウィングガールズ」もあったんだけど、なんだかほんのりしたかったので、一番それっぽいやつを選んだ。かなり胸に来ました。高鳴らなくていい、暖かさ。

しばらく連絡を取っていない好きな人に送るメールの内容を、いつまでも悩んでいる自分の気持ちの裏側を温められた気分でした。これを感化と呼ばずとして何と呼ぶのか、彼女に手紙を書くのもいいな、と思えるようになりました。「好き」と伝えるのではなく。

本編で、電話やFAXや、メールというのは、近くにいるわけでない人に気持ちを伝える手紙というものの不便なところを補って進歩していったもの、という表現がありました。でも結局、手段の種類や利便性の問題を除けば、伝えたい気持ちとは同じもので、そうであっても、手紙でしか伝えられない気持ちも確かにあるんじゃないか、っていう。そういう表現でした。だったと思います。俺にそういう気持ちばかりあってもやもやしているせいか。うん、これ、深読みしすぎかな…。

俺は、言いたいことは、大事なことは、口で伝えたいと思ってしまうほうです。何かの手段を経由しない方法で。相手の顔を見て言いたい、と思います。そう思っているのに、俺は手段で迷ってしまっていました。気持ちで迷うのではなく。送って迷惑じゃないだろうか。無視されたりしないだろうか。どう話せばいいだろうか。直接会えるタイミングは、いつだろうか。って。思ってしまっていました。

何を悩んでたんだろう。何を思い返してたんだろう。今、あの人に話したいことはなんだったんだろう。今日、あの人はバイトを休んでいて、後輩の話では事故にあったとかで、とても心配になっている自分がいて。心配で、ものすごく胸が痛かった。でも、大丈夫ですかって声を掛ける手段で迷ってはいけないって思った。どうしていいかなんて今はわからないけれど、でも、大事なのは気持ちだ。不安定な言葉だけど、そう思う。大事じゃないなんて思えない。手段の迷いが、その気持ちにまで伝わってしまうのは嫌だから。そうなりかけていたと思うんです。本当に、気付くのが今更ではあるけれど…。

手段なんて本当はなんでもいいのかもしれない、と、思います。相手の都合を選ばずに、なんてのは、おかしいと思うけれど。それにこの先、伝えるタイミングで、きっとまた迷うんだろうなぁ、とも思います。でも、不安になる気持ちも、大切に想う気持ちも。まぎれもない自分の気持ちだから。迷いもするけれど、思うままにあの人のことを考えてゆこうと思います。

2005年07月04日 | 恋愛 | トラックバック:0 | コメント:0

カノン

これは、別種のもやもやという認識。起きたことややってしまったことを恥じることとは違う。俺はあの人の気持ちに答えられない。大事な、家族のような人。また地元のどこかで顔を会わせるのだろうかと思うと、少し切なくなる。一人で居たい時に向かうあの歩道橋のベンチに時々俺が居ることも、その人は知っている。彼女は、大切な友人なのに。ごめんな、って、俺は言った。

立て続けに色々なことが起こっている。自分で起こしたことも含めて。体の異変も隠せない。ときどき腹痛が起きるとか、胸が痛い。頭の中も少しぼやけている。そんな時もある。目に輝きがない、と言われるぐらいだ。手の湿疹は消えてきてはいるけど。

辛いことはなるべく上を向いて考えるようにするといいらしい。上を向いて考えようとしたのは、思い浮かんできたのは、片想いの相手のこと。大事な友人のことも、あるけれど。それでも、この胸の痛みを起こすのは、彼女のことを想う自分自身だから。すぐにでも、ではないけど、想いを伝えたい。好きだと言いたい。そうでなくても、少しでも近くに居たいと思う。その理由を探す前に、勝手に、もう燃え上がってしまってた。

メールすら送る勇気もない。その前に、顔を向き合わせることができるだろうか。話せるかどうか。考えてしまう。それでも、店で会えれば、きっと舞い上がるのだろう。それだけで、少し強くなる。そうやって、強くなっていきたい。

2005年07月03日 | 恋愛 | トラックバック:0 | コメント:0

サマーウェーブ

今、ものっすごい、真心ブラザーズを聞きたい。なんでかCDがない。1枚もない。誰に貸したっけ。そもそも貸したっけ? あー。HDDにも入ってない。困る。あー。エンドレスサマーヌード聞きたい。オリジナルのね。これ夏の歌といえばとかって聞かれて一番に思い出す曲で。同じく、夏の歌で一番に近いぐらい好きなのも、これ。なんだろうなぁ。砂浜でみんなで花火したい。したくなる。そういう曲。はしゃぎすぎてる夏の子供さ。俺の思考だけが、はしゃぎすぎ。あー。ほんと病気です。慢性の恋の病。

昨日誘ってくれた友達へ。色々ありまして、身体も心もちょっと参っちゃいました。ごめんね。身体はすっかりよくなりました…が、変な時間に寝てて変な時間に起きてますので、今日、ふらふらしてたら笑いながら小突いてください。多分、苦笑いしながら「やめてよー」って言います。

ちなみに、タイトルの「サマーウェーブ」ってのはSepaっていうバンドの曲で、真心とは全然関係ない(知ってる人いるのかっていう)。あと、大抵そのとき聞いてる曲をタイトルにしたりしてます。もやもやしたり気持ちをそのままだらだらと本文にぶつけているので、タイトル付けづらい。自業自得。てか手抜き。

普段、まず自分から占いとかやらないんだけど、後輩からあの人の血液型聞いてたのを思い出して(忘れるなよ)、血液型相性占いとかいうのを、ちょっとやってみた。気休めになればいいなぁっていう。てかこんなの出してたら恥ずかしいっつーか不気味な。心底恐れられるか心配される前には消します。


[結果]


誕生日とか一切使ってないので、漠然とB型とは、みたいな感じなんだけど、割と言われると「あーあー」とか思って。一番気になったのは、下のほうに、「関係がぎくしゃくしてしまったら、素直に自分の本心を打ち明けてみるのがよいようです」って書いてあってね。なんだろう。ちょっと身に刺さるな。これ。

そもそも関係がぎくしゃくしてるかどうかってのが。どうなんだろう。戸惑わせたりしてるんだろうなぁとかぎくしゃくってのは俺だけが主に不安に感じていることであって、アプローチもなにもほっとんどできてない現状ですが、あながち否定できるとも思えない。まぁ、でも、「相性?死ぬほど合いません」とか書かれてるよりは全然よい。確認済みの段階ではないものの軽く納得できる内容でしたってことで。

余談なんですけど、これ、B男とB男の相性もあって。B男は基本的に一匹狼、みたいな。基本的に寂しいのが嫌なので、かなり友達とかいないとだめなんだけど、でも、よく考えてみると、なんかわかる気はする。集団の中には居たいし、居るんだけど、なんか間があったりすると、時々ふらふら考えたり、もしくは考えていたいときも、っていう。なんだろう。うまく言えないけど。あー、うん。面白い。

2005年07月02日 | 日記 | トラックバック:0 | コメント:0

No Title

浮き沈みが激しすぎる。何がしてえんだ。俺は。

2005年07月01日 | 日記 | トラックバック:0 | コメント:0

Butterfly

人を好きになることで自分が孤独だと知った。もちろん、悪い意味なんかじゃなく。一人だからこそのものがある。歩いていける。彼女にも自分にも向かっていける。

それでも寂しいから、数少ない友達には会いたいと思う。向こうは仲間だと思ってないかもしれないけど、お店の仲間にも会いたいと思う。甘えはある。でも、結局それがないとだめなんだ。助けられる時があって、そうでない時もある。振り返ると、やっぱり助けられている。

確かめられもせずに想像した相手の気持ちで、自分を迷わせてる場合じゃない。

2005年07月01日 | 恋愛 | トラックバック:0 | コメント:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。