スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

根性

朝からお昼に掛けて指導教官のM先生とディスカッション(先生は休み関係なしに基本的に毎日来られています)。自分の研究テーマについて今後のことを主に話していたんですが…。

最初に言われてしまいました。


「手加減することだけは絶対にしないでほしい」


まさか自分がそういう人間だって思われていただなんて、とそういうショックを受けたのではないのですが。

研究活動というのは本来先がないものであって(ある程度の到達点というものはあると思いますが)、それは自分でも認識のあったことなのですが、つまり、その報告となる論文や学会発表などに、自ずから先が長いことを認識して成果の出し惜しみをしてしまっては何の発展にもならないのではないか?と。先生にそう言われたとき、そういう風に考えたわけです。

でも、何でだろう?と思って。

もしかしたら自分の夢と現状まるで違う位置の、この分野の研究室にいることが問題なんだろうか?とも思っていたんです。

実は最近、将来的に目標とする分野との融合が可能である研究領域ではないだろうか、というようなことばかり考えていたのです。しかし、それでも、やっぱり一つのことに集中していないのは、今いる現状ではある程度の成果を出さねばならないこともあり、それとは反するのかもしれない…

…なんて、先生からその後に言われた言葉はちょっと違ってました。

つまり、これまでの実験の成果だとかをレポートだの考察だのにして資料として教官や先輩がたに見てもらったりしていたんですが、単純に言えば、文章や内容がですね、上手くまとまりすぎているのだそうです…(-_-;)

あ、そういう事か、なんて思って少し安心したりもしたのですが、でも、先生の言った「手加減」という意味は、自分が考えていた意味とは違っているわけでもない、と思って。

自分が思ったこと、素直に言ってみたんです。

そしたら、


「それもあるよ。もっとガツガツ突っ込んでって欲しいってのもあるし(笑)」


とのこと。やっぱり先生の認識も違ってはいないようです。うん…。更に、


「君が考えてるっていうその将来的な展望は、いずれ改めて解る形にして見せてくれるんだよね?」


とも言われてしまい。きっと、というか、今後論文として提出するように、というニュアンスでした。これは…タイミングを間違えました(*_*)爆


「で、現状の内容としてね。君の考えているシステムと、既存の装置としてのものとの違いを挙げられる?」


…で、情けないことながら機器自体の詳細など答えられるほど調査しておらず。答えることが出来たのは土台となるシステムの構成案についてのみ。

今後の発表では確実に突っ込まれる点だよ、と言われ、ちょっと進度自体に見直しを図ることになりそうです。学会以前に先生に軽く突っ込まれまくっただけで汗かきました。これではだめだ。


いや、でも、それでかなり気合は入った気はします。研究活動においては。問題はその後のことなんだよなぁと思うと、どこかやっぱり沈んでしまう。やりたいし、やる!って決めていることなのに。

最近ちょっと余裕がないせいか沈みがちなので、ちょっとこのことをバネに色々なんとかしてこうと思います。mixiにも愚痴ってしまったし…(笑)

結局、どれもこれも何とかしてやろうって気持ちがないと、自分にはきっと難しいと思うので。

根性がないって自分で思うのだったら、身に付けられるようにするしかないっすものね。がんばります。


* * * * *


他のメンバーはというと、自分と同じような感じでもあり、割と就活メインな感じです。

午後はIちゃんとSさんとで、履歴書についての話をしていました。Sさんは元大手企業のエンジニアだったこともあり、さすがだなぁと思うような書き方のコツを教えてもらいました。面接に対応できる自信があるかどうかでも動機や研究概要の文をちょっとずつ変えるのがいいとか、自己紹介では話題性をさらい過ぎない程度に変なことを書くのがポイントだとか(笑)


ところで、自分の今後の志望や目標とは別に、大学院事務の方から、出来る範囲で構わないので、セミナや説明会に参加してみないか?と言われまして(そりゃそうですよね)。考えた末、この際なので行ってみようと思いました。自分の所属する学科関係とはまるで場違いな所も見る気満々なのですが(爆)

とりあえず、20日と22日は横浜の合同説明会に参加することになりました。Iちゃん、おーちゃん、Kに、というか、いつもの同級メンバーです。

誰かさんがそのあとご飯しようぜ、とか言っているので、それはそれで楽しみだったりします。いや、楽しんじゃダメか。まぁ、うん。

説明会自体は嫌いではないので(人が多くなければ、ですが…)、色々と話を聞かせてもらおうと思います。今後のために。
スポンサーサイト

2006年03月15日 | 研究室 | トラックバック:0 | コメント:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。